市販の「咳止め風邪薬」は効果なし!抗ヒスタミン薬や非ステロイド性抗炎症薬にもエビデンスなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市販の「咳止め風邪薬」は効果なし!抗ヒスタミン薬や非ステロイド性抗炎症薬にもエビデンスなしの画像1

市販の「咳止め風邪薬」は効果なし(depositphotos.com)

 しつこい咳に「咳止め薬」は効くのか? そのケンケンガクガクの議論に終止符が打たれそうなファイナルアンサーが出た――。

 米国胸部医学会(ACCP)の専門家委員会は、文献のシステマティックレビューを行ったところ、効果を裏付ける質の高いエビデンスがある治療法はまったくなかったことから、「風邪による咳を抑えるために、市販の咳止めや風邪薬を飲むことを推奨しない」とするシステマティックレビューと指針を『Chest』11月号に発表した。

 筆頭著者で米クレイトン大学教授のMark Malesker氏によると、数多くの米国人が風邪による咳の治療に市販薬を服用しているが、2015年に米国で実売された市販の風邪薬や咳止め薬、抗アレルギー薬の販売額は95億ドル(約1兆700億円)以上に上っている。

 発表によると、Malesker氏らは、さまざまな咳に対する治療法の効果を検証したランダム化比較試験(RCT)のシステマティックレビューを実施した。

 その結果、抗ヒスタミン薬や鎮痛薬、鼻粘膜の充血を緩和する成分が含まれる風邪薬に効果があることを示す一貫したエビデンスは確認できなかった。また、ナプロキセンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の試験データの分析結果によっても、治療効果を裏付けるエビデンスは見られなかった。

 ACCPがこのシステマティックレビューを実施したのは2006年に発表した咳ガイドライン以来だ。「残念ながら2006年以降、風邪が原因の咳に対する治療の選択肢には、ほとんど変化がない」とMalesker氏らは説明している。

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真