>  > 遺伝子検査は本当に未来を幸福にするのか?(ジャーナリスト 佐藤博)
「遺伝子検査は本当に未来を幸福にするのか?(ジャーナリスト 佐藤博)」の記事一覧

医療機関やインターネット解析サービス、さらには通販、コンビニとあらゆる企業が参入する個人の遺伝子検査ビジネス。僅かな唾液などで糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病やがんの発症の可能性まで指摘してくれる。果たして遺伝子検査は本当に未来の健康への福音になりえるのか?

遺伝子差別禁止法のない自主規制のままの日本。野放し状態でプライバシーは守られるのか?

雇用者に遺伝子差別させない米国遺伝子情報差別禁止法(GINA)は、2008年に成立して以来、多くの労働者を守ってきた。 ただし、生命保険、所得補償保険、長期介護保険は対象外のため、労働者を完全に保護できない制度上のネックが残っている。医療記録に残ると保険加入や雇用へ…続きを読む

遺伝子差別禁止法のない自主規制のままの日本。野放し状態でプライバシーは守られるのか?

23アンド・ミーが挑む第3の矢、ゲノム創薬によるイノベーション

2015年3月12日。この日は、後世まで永く記憶される日になるのではないか。遺伝子医療の歴史に新たなフロンティア・スピリットを吹き込んだメモリアルデーとして――。 世界に先駆けるDTC(Direct to Consumer=消費者向け)遺伝子検査サービスと製薬企業への遺…続きを読む

23アンド・ミーが挑む第3の矢、ゲノム創薬によるイノベーション

検査コストを1万4400分の1にまで下げたヒトゲノム解析の新ムーブメント

「20世紀科学の最高の発見」と絶賛されたヒトゲノム解析の偉業に、2007年、新たなムーブメントが起きる。それがGWAS(ジーバス/Genome-Wide Association Study =ゲノムワイド関連解析)だ。 前回は、「ヒトゲノム(全遺伝情報)計画」の概要につい…続きを読む

検査コストを1万4400分の1にまで下げたヒトゲノム解析の新ムーブメント
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫