>  > 遺伝子検査は本当に未来を幸福にするのか?(ジャーナリスト 佐藤博)
「遺伝子検査は本当に未来を幸福にするのか?(ジャーナリスト 佐藤博)」の記事一覧

医療機関やインターネット解析サービス、さらには通販、コンビニとあらゆる企業が参入する個人の遺伝子検査ビジネス。僅かな唾液などで糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病やがんの発症の可能性まで指摘してくれる。果たして遺伝子検査は本当に未来の健康への福音になりえるのか?

国内およそ700の企業・機関がしのぎを削る遺伝子検査ビジネス

世界各国の企業がしのぎを削る「遺伝子検査ビジネス」。2013年の経済産業省の調査によると、日本国内ではおよそ700の企業・機関(そのうちの約600は医療機関)が、DTC 遺伝子検査サービス事業を立ち上げている。 DTCはDirect to Consumer (消費者向け…続きを読む

国内およそ700の企業・機関がしのぎを削る遺伝子検査ビジネス
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫