歯周病の改善に「海藻」が効く! 海外では<30歳からはマグネシウムを摂れ>と推奨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯周病の改善に「海藻」が効く! 海外では<30歳からはマグネシウムを摂れ>と推奨の画像1

海藻は歯周病撃退に有効な成分を含む(depositphotos.com)

 今や成人の8割がかかっているとされる「歯周病」。歯を失う原因になるのはもちろん、さまざまな病気を引き起こす要因にもなる。

 歯周病菌や菌の作り出す毒素は、炎症を起こした歯ぐきの血管から入り込んで全身に広がり、体のあちこちで悪さを働くのだ。

 たとえば、歯周病で歯ぐきに炎症があると、そこで「TNF-α」という物質が作られ、血液中に増える。この物質はインスリンの働きを妨げ、血糖値の調節作用を悪くしてしまう――。

 広島県歯科医師会と広島大学による共同研究では、歯周病の治療をすると「ヘモグロビンA1c」(血糖値コントロール状態を示す値)が改善すると報告されている。

 日本糖尿病学会も治療ガイドラインで「歯周病を治療すれば2型糖尿病が改善する可能性がある」と言及している。

 ほかにも、血管内に入り込んだ歯周病菌の刺激によって動脈硬化が進展することも明らかになってきた。重度の歯周病患者は脳梗塞や心筋梗塞を起こすリスクが高まるという研究報告もある。アルツハイマー型認知症と歯周病の関連も疑われている。

糖質とカルシウムの摂りすぎが歯周病を悪化

 歯周病改善に役立つと考えられる食品がある。それは「海藻」だ。歯周病と食生活の関連に詳しく、『名医は虫歯を削らない――虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法』(竹書房)の著書を持つ小峰歯科医院の小峰一雄院長は、その理由について、次のように語る。

 「日々の食生活が歯周病に及ぼす影響は大きい。重要なポイントは、糖質とカルシウムを摂りすぎないこと。マグネシウムを積極的に摂ること。マグネシウムの宝庫で、糖の吸収を妨げる食物繊維も多い海藻は、歯周病防止に有用な食品」

 糖質は口の中にいる細菌のエサになり、歯垢の元になる。歯垢を放置すると、唾液に含まれるカルシウムなどと結合し、石灰化する。これが「歯石」で、歯石がついた歯ぐきの中は菌の温床となり、歯周病がさらに進行していく。

 また、糖質を摂りすぎると、余った糖質がレプチンというホルモンによって脂肪細胞に蓄えられる。この脂肪細胞が巨大化すると、そこから炎症を起こす物質(サイトカイン)が分泌され、歯ぐきに炎症を起こす。

 一方、カルシウムは、一般に歯に必要な栄養素とされているが、摂りすぎはかえってよくないという。小峰院長は特に、カルシウムとマグネシウムの摂取バランスが重要と説く。

 「マグネシウムは、歯周病を引き起こすカルシウムの循環不良を改善する役割がある。日本ではカルシウム摂取ばかりが強調されるが、海外では30歳以降はマグネシウムの摂取が推奨されている」(小峰院長)

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆