「2016年9月」の記事一覧

ベッドの中でスマホを見続けて<スマホ失明>!? 急増する若者の<スマホ老眼>が進むと……

生まれた時からデジタル機器を乳母代わりとし、子守歌もスマホ音源で聴いて育ったような世代――。 情報の利便性や娯楽アプリの恩恵を幼少期から甘受してきた結果は、恐ろしいことになりそうだ。 現在、20代や30代に急増中とされる「スマホ老眼」。一般的にスマホ利用時は、PC画…続きを読む

ベッドの中でスマホを見続けて<スマホ失明>!? 急増する若者の<スマホ老眼>が進むと……

DNA鑑定秘話〜ルーシーは木から落ちて死んだのか? 318万年前に生息した初期人類の死の真相

『NATIONAL GEOGRAPHIC』(2016年8月31日)よれば、318万年前にエチオピアに生きていた初期人類ルーシー(アウストラロピテクス・アファレンシス/アファール猿人)は高木から転落死したとする研究論文が科学誌 『Nature』に発表された。 論文の筆頭著…続きを読む

DNA鑑定秘話〜ルーシーは木から落ちて死んだのか? 318万年前に生息した初期人類の死の真相

乳酸菌を含むヨーグルトで「血糖値」の上昇をおさえ糖尿病を予防

平成25年の厚生労働省の調査によると、日本の成人で糖尿病が強く疑われる人は約850万人。糖尿病の可能性が否定できない人は約680万人いると推定されている。 糖尿病を悪化させると、失明したり、腎臓や心臓、脳血管に障害が及ぶなど、様々な合併症を引きおこす。しかし、病気が進行…続きを読む

乳酸菌を含むヨーグルトで「血糖値」の上昇をおさえ糖尿病を予防
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆