「2016年8月」の記事一覧

自分や家族が偽者の〝そっくりさん〟と入れ替わったと妄想する「カプグラ症候群」とは?

1918年8月8日、フランス・パリ――。マティルド・ムーラン夫人(53)は、パリ警視庁に駆け込むなり、半狂乱になって叫んだ。 「子ども7人が強盗団に誘拐された。家の地下室に閉じ込められているのよ! 子どもたちの泣き声が止まない、早く助けて」 その直後、ムーラン夫人の…続きを読む

自分や家族が偽者の〝そっくりさん〟と入れ替わったと妄想する「カプグラ症候群」とは?

「地中海式ダイエット」ならアブラたっぷりでも健康に! 良質な脂肪が長寿にも効く?

現代の栄養学においては、もはや「脂肪」=「ダイエットと健康の大敵」という時代は完全に終わりを告げたようだ。むしろ良質な脂肪であれば積極的に、たっぷり摂ることが長寿の鍵になるという。 それを明らかにする新たなレビューが7月19日、米・内科学会の学術誌『Annals of …続きを読む

「地中海式ダイエット」ならアブラたっぷりでも健康に! 良質な脂肪が長寿にも効く?

日航ジャンボ機墜落事故での犠牲者の身元確認はどのように進められたのか?

「東京!トラブル発生、直ちに、エー、羽田に帰ることを要求する。220(2万2000フィート)へ降下し、維持することを要求する。どうぞ」 羽田発大阪行きJAL123便ボーイング747型機から、東京ACC(運輸省東京航空交通管制部)に緊急事態の発生を告げる無線が入ったのは、…続きを読む

日航ジャンボ機墜落事故での犠牲者の身元確認はどのように進められたのか?
「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛