日本人316万6000人が糖尿病患者! 平均余命や障害なく過ごせる時間はどのくらい?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病患者は何歳まで生きられる? 少しずつ改善される糖尿病患者の平均余命

 1型糖尿病患者の「平均余命」と「平均寿命」を追跡した研究がある。ある年齢の人々が何年生きられるかの期待値が「平均余命」、0歳の平均余命が「平均寿命」だ。

 2015年1月、英国スコットランドのダンディー大学は、20代前半の1型糖尿病患者2万4691人を対象に平均余命を調査した。その結果、1型糖尿病患者の平均余命は、健常者より男性が11.1年、女性が12.9年も短かった。

 ただし、1975年に米国で行われた調査では、1型糖尿病患者の平均余命は、健常者より27年も短かったことから、40年間でかなり改善されたのは確かだ。

 なお、1型糖尿病患者の70歳生存率は、健常者では男性が76%、女性が83%に対して、1型糖尿病患者では男性が47%、女性が55%とやや低い。

 平均余命の追跡研究はまだある。2015年12月30日、米国疾病予防管理センター(CDC)の研究チームは、1998~2012年の15年間にわたって、50歳以上の米国人2万人以上を追跡し、糖尿病と身体機能の障害、移動・食事・更衣・排泄・入浴などの日常生活動作(ADL)との関連を分析。その研究成果を米国糖尿病学会(ADA)の医学誌『Diabetes Care』に発表した。

 この研究によると、糖尿病患者は健常者より4.6年早死している、ADLの障害は健常者より6〜7年早く進行し、1〜2年間継続している。3つ以上の身体障害をもつ割合は、健常者の男性12〜16%に対して、糖尿病の男性20〜24%と、ADLの低下や身体障害が死期を早めている。

健常者より平均余命も障害がなく過ごせる期間も短い

 さらに、2016年4月14日のEASD欧州糖尿病学会誌『Diabetologia』オンライン版によれば、オーストラリアメルボル市にあるベイカーIDI心臓・糖尿病研究所のDianna Magliano氏は「成人の糖尿病患者は、健常者より平均余命が数年短く、障害がなく過ごせる期間も短い」と発言した。

 Magliano氏の報告によると、1型糖尿病も2型糖尿病も、50歳の平均余命は男性が30年、女性が34年。障害なく過ごせる期間は発症後12~13年、健常者より男性が8.2年、女性が9.1年も短い。障害を伴う期間は男性が17年、女性が21年だった。

 ニューヨーク市のモンテフィオーレ医療センター臨床糖尿病センターのJoel Zonszeinセンター長は「米国の糖尿病患者の3分の1は発症に気づいていない。気づいても3分の1は治療しない。高血圧や脂質異常症を合併し、血糖降下療法でも半数以上は目標値に達しない。糖尿病治療をより早期から積極的に行わなければならない」とコメントしている。

 地球上の糖尿病有病者数は4億1500万人。生活習慣病や肥満の余波は、世界を糖尿病に陥れている。糖尿病に伴う血糖値の上昇は、失明、運動障害、下肢切断などの血管合併症を招く。2040年までに6億4200万人、25歳以下の人々のおよそ3分の1が発症する恐れがある。

 糖尿病患者は短命だ。だが、早期の予防処置、生活習慣の見直し、適切な血糖降下療法、食事療法、運動療法を組み合わせて症状を改善すれば、合併症を予防できる。「死に至る病」を避けられ、健常者と変わらない寿命を全うできる。1型糖尿病と健常者の寿命の差は縮まっている。糖尿病発症の機序を解明するさらなる臨床研究が急がれる。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆