ネコ好きはキレやすい? ネコの糞に潜む寄生虫で衝動的に激怒する病気に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_cattoilet.jpg

猫の糞などに棲息する寄生虫が原因か!?(shutterstock.com)

 あなたの周りにこんな人はいないだろうか?

 普段は温厚な人柄なのに突然キレて怒鳴り出す。しかも一度ならず意外と頻繁に。それも前後の状況や脈絡に関係なく、あまりにも不釣り合いな爆発ぶりに周囲が唖然……。さらに1時間ほどで怒りが収まったかと思いきや、今度は猛省調に落ち込む――。

 そんな知人がいるとしたら、その意味不明にして不可解な激情の原因は「寄生虫」かも!? そして、当人が愛猫家であれば、その可能性はかなり濃厚かもしれない。

 衝動的に激怒する傾向のある人は、「猫の糞」などに含まれる寄生虫に影響を受けている可能性がる。最近の空前の猫ブームに水を差すような、そんな仰天報告が、米シカゴ大学のEmil Coccaro氏らの研究で示された。

全人類の3分の1が原虫に侵されていると推測

 Coccaro氏らの解析によれば、間欠性爆発性障害(Intermittent Explosive disoder:IED)の患者は、トキソプラズマ症の原因となるトキソプラズマ原虫の保有率が通常の2倍以上高いことが判明したという。

 この病は「間欠性」かつ「爆発性」と「性」の字が重複するあたりに、その特徴が読み取れる。つまりIEDは、頻回かつ衝動的に、状況と不釣り合いなほどの言語的、身体的な攻撃性を爆発させる精神疾患だ。いわゆる衝動制御障害の一種で、米国内の1600万人に症状が見られるという。

 一方、トキソプラズマ症(Toxoplasma gondii)とは、猫の糞や加熱調理不足の肉、よく洗っていない野菜の中に見られる寄生性原生生物(原虫)によって引き起こされる感染症である。

 ほぼ全ての温血脊椎動物(哺乳類・鳥類)が感染能を持ち、有病率に地域差があるものの、世界人口の約3分の1が感染していると推測されている。一般的には感染しても症状は少ないが、新生児や免疫不全患者では重症化の危険性が高くなる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆