ネコ好きはキレやすい? ネコの糞に潜む寄生虫で衝動的に激怒する病気に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_cattoilet.jpg

猫の糞などに棲息する寄生虫が原因か!?(shutterstock.com)

 あなたの周りにこんな人はいないだろうか?

 普段は温厚な人柄なのに突然キレて怒鳴り出す。しかも一度ならず意外と頻繁に。それも前後の状況や脈絡に関係なく、あまりにも不釣り合いな爆発ぶりに周囲が唖然……。さらに1時間ほどで怒りが収まったかと思いきや、今度は猛省調に落ち込む――。

 そんな知人がいるとしたら、その意味不明にして不可解な激情の原因は「寄生虫」かも!? そして、当人が愛猫家であれば、その可能性はかなり濃厚かもしれない。

 衝動的に激怒する傾向のある人は、「猫の糞」などに含まれる寄生虫に影響を受けている可能性がる。最近の空前の猫ブームに水を差すような、そんな仰天報告が、米シカゴ大学のEmil Coccaro氏らの研究で示された。

全人類の3分の1が原虫に侵されていると推測

 Coccaro氏らの解析によれば、間欠性爆発性障害(Intermittent Explosive disoder:IED)の患者は、トキソプラズマ症の原因となるトキソプラズマ原虫の保有率が通常の2倍以上高いことが判明したという。

 この病は「間欠性」かつ「爆発性」と「性」の字が重複するあたりに、その特徴が読み取れる。つまりIEDは、頻回かつ衝動的に、状況と不釣り合いなほどの言語的、身体的な攻撃性を爆発させる精神疾患だ。いわゆる衝動制御障害の一種で、米国内の1600万人に症状が見られるという。

 一方、トキソプラズマ症(Toxoplasma gondii)とは、猫の糞や加熱調理不足の肉、よく洗っていない野菜の中に見られる寄生性原生生物(原虫)によって引き起こされる感染症である。

 ほぼ全ての温血脊椎動物(哺乳類・鳥類)が感染能を持ち、有病率に地域差があるものの、世界人口の約3分の1が感染していると推測されている。一般的には感染しても症状は少ないが、新生児や免疫不全患者では重症化の危険性が高くなる。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫