あなたの“がん”は病理医が診断する~長瀬智也さん主演のドラマ『フラジャイル』

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alcohol2.jpg

『フラジャイル』第2話は急性アルコール中毒の救急搬送だったが実は…… Givaga/PIXTA(ピクスタ)

 先日スタートした、長瀬智也さん主演の医療ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)。医療の影武者・病理医の存在意義とその果たす役割の重さに、観る者がグイグイ引き込まれた。

 ところが、初回の平均視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ:関東地区)の結果に「低空飛行」との声も。だが、実際に観なければ、数値では表わせない内容の面白さや俳優陣の好演ぶりもある。

 「『フラジャイル』のストーリー自体は、ドラマならではの展開ですが、病理診断の重要性はよく描かれていたと思います。長瀬さん扮する岸京一郎の『俺の言葉は絶対だ!』という決め台詞、多くの病理医が“一度は言ってみたい”と感じていることでしょうね」

 専門家の立場から初回の鑑賞評をそう語るのは堤寛教授(藤田保健衛生大学医学部病理学)。「野村周平さんが演じるスーパー検査技師の縁の下の力ぶりに、もっと光が当たるといいですね」と、今後の展開に期待を寄せた。

臨床検査技師は二人三脚の「相棒」

 「病理診断科に送られた検体の顕微鏡標本をつくるのは臨床検査技師の仕事です。つまり正確な病理診断は、病理医と病理検査技師の共同作業によって初めて可能になるのです」

 第2話のテーマは救急救命だったが、第1話でも手術を一時中断して、執刀医が病理医の迅速な診断を仰ぐ場面が描かれた。一般の人の多くが、治療における病理の重要性に驚いたはずだ。

 堤教授が、がん手術を例に解説をする。

 「病理医には<術中(じゅっちゅう)迅速診断>といわれる特殊な業務があります。これは手術をしている最中に、本当にがんなのか、どんな手術をしたらいいのか、断端部(=手術した切断面の切れ端)にがん細胞がないかどうか、リンパ節に転移がないか、もっと追加で切るほうがいいのかなどを、10~15分以内で決めます」

 時間的猶予が10~15分! まさに臨床検査技師との“二人三脚”の呼吸が問われる場面だ。

 「組織(=臓器)を急速に凍らせて薄い切片を作製します。この凍結切片の作製も病理検査技師が行ないます。同時にこれは病理医がその場にいないとできない、高度な専門性の高い診断行為であり、適切な手術の実施に必須の業務です」

治療方針のほぼ総てを左右する存在感

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志