「2015年12月」の記事一覧

病原菌に感染していると色が変わる絆創膏〜身近な医療品が次々にスマート化

傷口を覆い、もし悪い病原菌に感染している場合は「色」が変化して判別可能となる革新的な絆創膏が開発された。このカメレオンの特性を連想させる理想の絆創膏を共同で編み出したのは、英国・バース大学とブリストル王立小児病院の研究者たちだ。 病原菌に感染した傷口は治るのが遅れ、傷跡…続きを読む

病原菌に感染していると色が変わる絆創膏〜身近な医療品が次々にスマート化

極限まで落ちないと気づけない「アルコール依存症」は自力では治せない! 抜本的な治療法は「断酒」だけ!

このシリーズでは、長期間・大量の飲酒習慣の恐ろしさを繰り返し強調してきた。だが、酒を「分かっちゃいるけどやめられねぇ〜」のは、なぜなか? 今回は、アルコール離脱症状について、その治療と断酒について話そう。不快感から逃れようとすればするほど酒に溺れるアルコール離脱症状…続きを読む

極限まで落ちないと気づけない「アルコール依存症」は自力では治せない! 抜本的な治療法は「断酒」だけ!

インフルエンザのワクチンが効かない!? 値上がりしても今から打つべきか?

インフルエンザのワクチンに危険信号が点滅している。それには理由が2つある。 ひとつは、ワクチンなどの研究開発を行っている「化学及血清療法研究所(化血研)」の不正製造が発覚し出荷停止したこと。ワクチン不足を懸念した厚生労働省は、インフルエンザが流行する前の10月に出荷停…続きを読む

インフルエンザのワクチンが効かない!? 値上がりしても今から打つべきか?
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆