「2015年12月」の記事一覧

病原菌に感染していると色が変わる絆創膏〜身近な医療品が次々にスマート化

傷口を覆い、もし悪い病原菌に感染している場合は「色」が変化して判別可能となる革新的な絆創膏が開発された。このカメレオンの特性を連想させる理想の絆創膏を共同で編み出したのは、英国・バース大学とブリストル王立小児病院の研究者たちだ。 病原菌に感染した傷口は治るのが遅れ、傷跡…続きを読む

病原菌に感染していると色が変わる絆創膏〜身近な医療品が次々にスマート化

極限まで落ちないと気づけない「アルコール依存症」は自力では治せない! 抜本的な治療法は「断酒」だけ!

このシリーズでは、長期間・大量の飲酒習慣の恐ろしさを繰り返し強調してきた。だが、酒を「分かっちゃいるけどやめられねぇ〜」のは、なぜなか? 今回は、アルコール離脱症状について、その治療と断酒について話そう。不快感から逃れようとすればするほど酒に溺れるアルコール離脱症状…続きを読む

極限まで落ちないと気づけない「アルコール依存症」は自力では治せない! 抜本的な治療法は「断酒」だけ!

インフルエンザのワクチンが効かない!? 値上がりしても今から打つべきか?

インフルエンザのワクチンに危険信号が点滅している。それには理由が2つある。 ひとつは、ワクチンなどの研究開発を行っている「化学及血清療法研究所(化血研)」の不正製造が発覚し出荷停止したこと。ワクチン不足を懸念した厚生労働省は、インフルエンザが流行する前の10月に出荷停…続きを読む

インフルエンザのワクチンが効かない!? 値上がりしても今から打つべきか?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真