全国の「こたつ寝」愛好家が戦慄! 突然死の危険を喚起したTweetに大反響

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kotatsu.jpg

こたつ寝は至福のひとときだが…… HDK/PIXTA(ピクスタ)

 冬は炬燵(こたつ)に入ってのんびりテレビを観て、鍋をつつきながらちょいと一杯。そのうち、まぶたが重くなり、いつの間にかウトウト……。「こたつ寝」は、日本人に生まれてよかったと思える至福のひととき。ひとり暮らしのみならず、何度も家族に「寝床へ行きなさい!」と注意されても、ついこたつで夜を明かしてしまう。そんな魔力があるものだ。

 しかし。先日12月16日にTwitter投稿された注意喚起のツイートが、全国の「炬燵寝愛好家」を戦慄させている。

 このツイートに対しては「え、まじで?」「こたつで寝るのだめなの?」という驚きに加えて「父も脳梗塞で倒れる前に、毎晩晩酌してこたつで寝ていた」という体験リプライも寄せられ、12月21日現在で6万5000件以上のリツイートと、2万4000件以上の「いいね」を集めて大反響を呼んでいるのだ。

一晩で血液がドロドロの状態に

 昔から「こたつで寝ると風邪をひく」とよく言われる。しかし、実際は風邪どころでは済まない健康上のリスクが「こたつ寝」にはあるのだ。「ずっとこたつで寝ていたけど何も起きなかった」というなら、それはたまたま、あなたが若く健康で、少しばかり幸運なだけだったからかもしれない。

 最も危ないのが、こたつの熱で起きる脱水症状だ。人は気温の低い冬であっても、就寝中に一晩でコップ1杯以上の水分を気付かないうちに皮膚や呼吸器から排出している。この不感蒸泄(ふかんじょうせつ)による水分の喪失は、体温が1℃上がるごとに15%増え、さらに気温が30℃から1℃上がるごとに15~20%増えるといわれている。

 一方、こたつ内部の温度は低めの設定で40℃近く、高く設定すると60℃を超えることもある。つまり暖かいこたつに入ったまま寝てしまうと、不感蒸泄による水分の排出量が激増。さらに暑さで寝汗までかいて追い打ちをかけると、ただでも乾きやすい就寝中の体は、簡単に脱水状態に陥ってしまう。

 脱水症状は倦怠感や頭痛を引き起こすだけでなく、血管内の脱水によって血液の粘度が上がってドロドロになり、血栓ができやすくなる危険性もある。もともと高血圧気味の人や動脈硬化の傾向がある人は、血管が詰まることで脳梗塞心筋梗塞など、死に至る病気を引き起こしかねない。いわゆる突然死は就寝中に起きることが多いが、こたつ寝はそのリスクを上げてしまうと言ってもいい。

電気毛布やホットカーペットも要注意

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真