シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第4回

筆跡は誰も真似られないか? 筆跡自動認証システム「Cyber-SIGN」の威力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kagakusousa008.jpg

筆跡の完璧な模倣は不可能?(shutterstock.com)

 年賀状を書くこの時期が、もっともに自分の筆跡が気になる季節ではないか。筆跡で思い出されるといえば、フランス・イタリア合作映画『太陽がいっぱい』(1960年/ルネ・クレマン監督)だ。

 金に困り果てた孤独な青年トム・リプリー(アラン・ドロン)は、大富豪の息子・フィリップを殺害、本人になりすまして財産を手に入れようと計画する。フィリップの身分証明書の写真を偽造。筆跡をスライドで壁に拡大して練習したり、声色を真似たり、フィリップになりすまして完全犯罪を目論む。筆跡を上書きするように執拗に練習する青年トム。その冷酷な表情。犯罪者の鬼気迫る渇き切った情念を映し出していた。

筆跡は誰も真似られないか?

 筆跡は、人間の身体的な特徴や行動的な癖がそのまま現れるため、古来から印鑑とともに個人識別に使われてきたが、偽造が絶えない。伝統的な筆跡鑑定は鑑定人のカンと経験がモノを言い、文字の点画の特徴を判断したり、文章全体の傾向、性質、特徴などから筆跡の個性を判断する鑑定法が行なわれている。

 一方、IT技術の革新に伴い、個人情報の保護やセキュリティのニーズが高まるにつれて、筆跡のもつ個人特定の恒常性と希少性に着目したバイオメトリック認証(生体認証)の技術が普及してきた。バイオメトリック認証(生体認証)は、筆跡、指紋、手形、網膜、虹彩、声紋、顔、手の甲の静脈パターンなどの身体的特徴を活用する個人認証の仕組みだ。

 青年トムのような筆跡の偽造は、ある程度の訓練を積めば不可能ではない。インターポール(国際刑事警察機構/ICPO)の手配者資料などを見ると、「容疑者は筆跡偽造の訓練に熟達した人物」などと記されているケースも少なくない。だが、偽造を見破り、精度の高い筆跡識定を行うためには、詳細な筆跡データが必要になるのは言うまでもない。

筆跡の個性だけでなく、イラスト、記号、漢字や各国語のサインも認証する

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆