「2015年10月」の記事一覧

高齢者の運動は軽いほどいい? 週5時間の家事だけでも“健康寿命”がアップ!

誰もが単に長生きを望むのではなく、自立して生活できる「健康寿命」を伸ばしたいと願っている。 高齢になっても健康を維持するためには、正しい食事や睡眠だけでなく、適度な運動が必要なことはもう何度も耳にしているだろう。ただ、頭では理解していても高齢者にとってはハードルが高いも…続きを読む

高齢者の運動は軽いほどいい? 週5時間の家事だけでも“健康寿命”がアップ!

子どもだけを危険にさらしていないか?「ジュニアシート」着用が命を守る!

日本で、生後6歳未満までの子が「チャイルドシート」の着用を義務化されたのは2000年のこと。今では多くの親が、出産準備品にチャイルドシートを加えるのが普通になってきた。半面、子どもが大きくなるとチャイルドシートの使用率が下がる傾向は、15年間変わっていない。 今年6月、…続きを読む

子どもだけを危険にさらしていないか?「ジュニアシート」着用が命を守る!

老化の始まりは歯や口の健康から! 40代から注意したい「オーラル・フレイル」とは?

高齢者が自立した生活を送ることができる状態から要介護に至るまでの間に、「フレイル(Frailty)」という状態がある。そのフレイルの前兆とも考えられているのが「オーラル・フレイル」、つまり「歯や口の機能の虚弱」だ。 「ロコモティブシンドロームやサルコペニアなど、運動器…続きを読む

老化の始まりは歯や口の健康から! 40代から注意したい「オーラル・フレイル」とは?
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太