「2015年10月」の記事一覧

高齢者の運動は軽いほどいい? 週5時間の家事だけでも“健康寿命”がアップ!

誰もが単に長生きを望むのではなく、自立して生活できる「健康寿命」を伸ばしたいと願っている。 高齢になっても健康を維持するためには、正しい食事や睡眠だけでなく、適度な運動が必要なことはもう何度も耳にしているだろう。ただ、頭では理解していても高齢者にとってはハードルが高いも…続きを読む

高齢者の運動は軽いほどいい? 週5時間の家事だけでも“健康寿命”がアップ!

子どもだけを危険にさらしていないか?「ジュニアシート」着用が命を守る!

日本で、生後6歳未満までの子が「チャイルドシート」の着用を義務化されたのは2000年のこと。今では多くの親が、出産準備品にチャイルドシートを加えるのが普通になってきた。半面、子どもが大きくなるとチャイルドシートの使用率が下がる傾向は、15年間変わっていない。 今年6月、…続きを読む

子どもだけを危険にさらしていないか?「ジュニアシート」着用が命を守る!

老化の始まりは歯や口の健康から! 40代から注意したい「オーラル・フレイル」とは?

高齢者が自立した生活を送ることができる状態から要介護に至るまでの間に、「フレイル(Frailty)」という状態がある。そのフレイルの前兆とも考えられているのが「オーラル・フレイル」、つまり「歯や口の機能の虚弱」だ。 「ロコモティブシンドロームやサルコペニアなど、運動器…続きを読む

老化の始まりは歯や口の健康から! 40代から注意したい「オーラル・フレイル」とは?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆