「2015年10月」の記事一覧

「死の商人」ともいわれたノーベルは、うつ病を患い持病の心臓病から脳溢血で死去

1833年10月21日、アルフレッド・ノーベルは、スウェーデンのストックホルムで、建築家で発明家の父イマヌエル・ノーベルと母カロリナ・アンドリエッテ・ノーベル の4男坊として生誕した。父方の祖先には、リンパ系の発見者として知られる科学者、オラウス・ルドベックがいる。 ノ…続きを読む

「死の商人」ともいわれたノーベルは、うつ病を患い持病の心臓病から脳溢血で死去

北斗晶さんの乳がん治療で再び議論される検診、受診する側の意識は!?

乳がん治療のために右の乳房を全摘出し、術後抗がん剤治療を受けることになった北斗晶さん。毎年秋頃に、婦人科検診と一緒に乳がんの検査を受けていたが昨年の検査では腫瘍は発見されず、この7月に乳がんと診断されている。 報道後、マンモグラフィーの受診を希望する女性が増えたというが…続きを読む

北斗晶さんの乳がん治療で再び議論される検診、受診する側の意識は!?

定年退職後の夫が家にいるストレスで引き起こされる「濡れ落ち葉」とは!?

更年期の女性の不定愁訴は多岐にわたるため、何が症状の原因になっているのかを突き止め、どうしたらその症状を軽減できるのかを個別、具体的に考えていく必要がある。今回も更年期によくみられる症例を提示して、その解決策を具体的に考えてみよう。●「濡れ落ち葉」のケース 夫は、先…続きを読む

定年退職後の夫が家にいるストレスで引き起こされる「濡れ落ち葉」とは!?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇