「2015年10月」の記事一覧

「死の商人」ともいわれたノーベルは、うつ病を患い持病の心臓病から脳溢血で死去

1833年10月21日、アルフレッド・ノーベルは、スウェーデンのストックホルムで、建築家で発明家の父イマヌエル・ノーベルと母カロリナ・アンドリエッテ・ノーベル の4男坊として生誕した。父方の祖先には、リンパ系の発見者として知られる科学者、オラウス・ルドベックがいる。 ノ…続きを読む

「死の商人」ともいわれたノーベルは、うつ病を患い持病の心臓病から脳溢血で死去

北斗晶さんの乳がん治療で再び議論される検診、受診する側の意識は!?

乳がん治療のために右の乳房を全摘出し、術後抗がん剤治療を受けることになった北斗晶さん。毎年秋頃に、婦人科検診と一緒に乳がんの検査を受けていたが昨年の検査では腫瘍は発見されず、この7月に乳がんと診断されている。 報道後、マンモグラフィーの受診を希望する女性が増えたというが…続きを読む

北斗晶さんの乳がん治療で再び議論される検診、受診する側の意識は!?

定年退職後の夫が家にいるストレスで引き起こされる「濡れ落ち葉」とは!?

更年期の女性の不定愁訴は多岐にわたるため、何が症状の原因になっているのかを突き止め、どうしたらその症状を軽減できるのかを個別、具体的に考えていく必要がある。今回も更年期によくみられる症例を提示して、その解決策を具体的に考えてみよう。●「濡れ落ち葉」のケース 夫は、先…続きを読む

定年退職後の夫が家にいるストレスで引き起こされる「濡れ落ち葉」とは!?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫