「2015年10月」の記事一覧

浅田真央さんが“肉体改造”で復活、女性も筋トレで“魅せるカラダ”に?

女子フィギュアスケート、元世界女王・浅田真央さんの“肉体改造”が話題となっている。10月3日の「ジャパンオープン」、553日ぶりにリンクに戻ってきた“真央スマイル”。その一方で注目を浴びたのは、マッチョに変身したその肉体。代名詞のトリプルアクセルを軽々と決めるその演技が、…続きを読む

浅田真央さんが“肉体改造”で復活、女性も筋トレで“魅せるカラダ”に?

NHK朝ドラのヒロイン、波瑠さんもいじめ経験~法律がいじめを減らす?

平均視聴率が20%超えでスタートした、2015年のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』。ヒロイン役を務めている波瑠さんは、そのキュートな魅力で視聴者の心をつかんでいる。 そんな波瑠さんは、過去にいじめを経験したことを告白している。小学生から中学生にかけてクラスのなか…続きを読む

NHK朝ドラのヒロイン、波瑠さんもいじめ経験~法律がいじめを減らす?

無用な“薬漬け”を避ける「人生を預けられる」精神科医の選び方

日本は、抗精神病薬(主に統合失調症の治療に用いられる薬剤)の投薬が多すぎる、いわゆる“薬漬け”を国内外から指摘されてきた。 それに対して、やっと2013年、独立行政法人「国立精神・神経医療研究センター」が「抗精神病薬減量法ガイドライン」を発表した。同ガイドライン発表の…続きを読む

無用な“薬漬け”を避ける「人生を預けられる」精神科医の選び方
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆