連載第5回 快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病

痴漢、盗撮、強姦、児童買春......犯罪にまで及んでしまう性依存症は医療で治るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
seihanzai.jpg"

再発率が高い性犯罪には医療のアプローチが重要 shutterstock

 性依存症のなかでも、痴漢や盗撮、さらには強姦、児童買春といった犯罪まで及んでしまうのは、大部分が男性だ。性犯罪者が社会的な制裁を受けるのは当然だが、被害者も大きな苦痛を受ける。このような犯罪行為におよぶ性依存症に対して、どのような医療的治療法があるのだろうか。

 そのひとつとして、「榎本クリニック」(東京都豊島区)の取り組みを紹介する。同クリニックでは、主に性犯罪者を対象とした治療プログラム「性依存デイナイトケア」を実施している。

 「性依存症という概念自体を、これまでさまざまな議論がなされてきた。そもそも、性に関する問題を依存症と呼んでいいのか、という問題提起がなされたこともある」(同クリニックの深間内文彦院長)

 「ほかの依存症と根本的に異なるのは、男性は"性的欲求"を生まれながら皆持っていること。これがアルコールや薬物と大きく異なる点です。男性の身体は日々精子が"つくられる"から、『アルコールを断つ』のとは意味合いが違う」

 誰もが持つ欲求とはいえ、それをどう解消するか。パートナーとの一般的な性交であれば問題ないが、常に「刺激や新奇性を求めたい」となると、バランスを損なうことになる。

 榎本クリニックでは現在、性依存症の専門外来と週3回、午後7時から90分間の治療プログラムSAG(Sexual Addiction Group-meeting)を実施している。SAGでは、自らの性的問題行動を知るための認知行動療法や内省、振り返り、言語化などの心理教育プログラムを行う。

 「実際に痴漢などを犯して捕まったあと、弁護士経由で当クリニックを受診する人が多い。我々は再発防止を目指しているが、残念ながら罰金刑などが確定すると治療から離れ、時がたつと再び性犯罪に走る――。そういうドロップアウト率が高いのが現実だ」

抗うつ薬の副作用を逆手に薬物療法も

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔