東洋医学で毎日の不調を乗り切る

風邪の引き始め、ゾクッとしたらまずは「寒け」と「熱感」を見分ける

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_shogayu.jpg

冷えにはショウガやネギを

 
 ほとんどの風邪は、ますぞくぞくとした寒けから始まります。風邪をこじらせず、早く治すためには、この初期の段階がもっとも大切。ここでは、体によけいな負担をかけることなく、すっきりと風邪を治すコツを紹介してみます。

寒けのする風邪は、ショウガやネギで温めて治す

 風邪を上手に治すポイントは、「寒け」と「熱感」のどちらが強いかを見分けること。たとえ熱が高くても、水っぽい鼻水や痰が出る、厚着をしても寒けがおさまらない、冷たい水を触りたくない、といった症状があるようなら、体の芯が冷えている証拠なので、温めて発汗させるという方法をとります。逆に、のどの痛みや体のほてり、のどが渇いて冷たいものが飲みたいといった熱症状が強ければ、ミント&菊花茶を飲むなど熱をとりのぞくという方法で治します。
 
 風邪の寒けにぴったりなのは、ショウガ、ネギ、桂枝(シナモン)など。昔ながらの"ショウガ湯"や、ショウガとネギをたっぷり入れたおかゆなどがおすすめです。体を温め、発汗させることが目的なので、熱いうちに食べるようにしましよう。ネギと白菜(両方とも白い部分)と大根のスープの「三白湯」(サンパクタン)も、初期の風邪の薬膳として有名。同じ材料で、鍋にしてもいいでしょう。このほか、みじん切りにしたショウガとニンニク、豆鼓を鶏ガラスープ(インスタントでもOK)で軽く煮、ネギ、酢、コショウなどを入れた中華スープもおすすめ。おいしくて、体が温まります。
 
 風邪の経過は早く、はじめは寒けがしていても、数時間後には体が熱っぽくなってくることもあります。そのため、実際の治療では、症状の変化に合わせて漢方薬を変えていく、という方法がとられます。食べ物は、薬ほど作用は強くないので、気がつく範囲内で変えていけばそれほど問題はありません。ただ、薬にしても食べ物にしても、薬効を鵜呑みにするのではなく、「自分の体がどう反応するか」ということに敏感になることが大切。初めのうちは難しいかもしれませんが、慣れてくれば、自分なりの風邪の治し方もわかってくるはずです。
 
 なお、寒けがするときは、体温が高くても、氷まくらなどで冷やすのはタブー。熱が体内にこもって、かえって症状が悪化することがあるからです。

風邪をこじらせないコツ

 風邪をこじらせないためには、病気が治る自然な経過を邪魔しないことが何より大切。その治癒力を助けるのは、なんといっても休息です。「ひいたかな」と思ったら、ネギやショウガで体を温めて、発汗作用を高めるためにフトンを多めにかけて寝るのが一番。初期の頃の軽い風邪なら、これだけですっきり治るはずです。逆に、初期の段階で無理をしたり、強い薬を飲むと、体によけいな負担がかかって風邪が治りにくくなってしまいます。
 
 なお、汗のかきすぎは、体力を消耗して抵抗力を落とすことになります。市販の薬には強い発汗作用がありますので、人汗かいたら服用をやめるようにしましょう。また、お風呂も汗をかきすぎる原因のひとつ。2~3日は入浴を控え、治りかけのときも、軽くシャワーを浴びる程度にしておいたほうが無難です。
(文=編集部、監修=呉澤森/呉迎上海第一治療院院長)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘