うるおい+ナチュラルな肌、車載一体型ユニットが登場! 車内でのメイクアップに新兵器

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
meiku car.jpg

これが車載用一体型ユニット「ナノイー」うるケア・ヴェールライト

 東京郊外の某システムセンターに通勤している、あるアラフォー女性は出勤時に化粧をする。車を運転する約40分の走行中、信号待ちのたびにファンデーションを塗り、アイラインや眉を整え、勤務先の駐車場に着くときにはルージュも引き終わり"完成"。毎朝、このようにして職場に赴くのだそうだ。

 しかし、その女性は電車の中では化粧をしない。「人前で化粧をするのは抵抗がある」という、いささか昭和的な羞恥心を持っているからである。

 電車内で化粧をしている女性は、もう少し若い世代に多い。彼女たちの集中力はとても高く、周囲の視線に気を散らすことは皆無で、メイクアップにまい進する。公共の場に突如現れた"プライベート空間"では、アイラインやルージュなどデリケートなラインを描くのは停車中、走行中はもっぱら"塗る"作業にあてる。降車する駅に着くときには完成だ。あれだけ集中できるのは、驚くべき才覚かもしれない......。

LED照明が車内での化粧をサポート

 

 そんな移動時のメイクアップに心強い美容グッズが現れた。パナソニックが、肌や髪にやさしい「nanoe(ナノイー)」発生装置とLED照明を組み合わせた車載用一体型ユニットを開発。まずは、ホンダの12車種向けのオプション設備として発売中だ。

 これはパナソニックが、空気清浄機やエアコン、ドライヤーなどに搭載している「nanoe(ナノイー)」発生装置を自動車用に改良したもの。装置から発生するナノイーという微粒子には、肌や髪へのうるおい、花粉の抑制、脱臭、除菌などの効果があり、車内の空気が快適になるという。

 そして、この商品の目玉はデザイン性の高い車内灯がついていることだ。この車内灯はLED照明で、特に肌を自然な色合いで見ることができるように調整されている。車内での化粧やメイク直しにピッタリということだ。

使う人を選ぶ新製品といえるかも

 

 早速、くだんのアラフォー女性にたずねてみた。
「お化粧用の車内灯ってどう? メイク直しとかに便利だよね」
「確かに便利だけど、車内灯がつくと周りから見えちゃって抵抗あるかも」
「車内灯がついたら自動的に窓ガラスがマジックミラーになったらいいね」

 このままでは、せっかくの新製品もアラフォー女性の強い共感を得られないかもしれない。しかし、電車内で化粧することに抵抗感が少ない平成生まれの女性には、大いに支持されるだろう。「周りから見える? 全然平気!」。

 どこにでも"プライベート空間"をもつ彼女たちになら、いっそのこと、どこでも使える携帯型の「ナノイー」一体型のメイク灯を開発したら、大ヒットするかもしれない。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真