冬にもカビに警戒、しつこいセキはカビが原因の喘息や肺炎かも?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_huyukabi.jpg

冬は結露からカビが大量発生 Shutterstock.com

 カビは梅雨時や真夏のものと思っていないだろうか? 実はそれに次いで多いのが冬のカビだ。なぜ冬にカビが生えるのだろうか?

 冬はどこの家も暖房をつけるので室内は暖かい。しかし、外は寒いので内外の温度差が大きくなる。すると、屋内の湿気が水滴となって窓や壁に付く。いわゆる結露だ。高断熱の住宅でない限り、冬の結露は宿命ともいえる。結露があればカビが生えやすい。冬でもカビにとって好都合な環境がそろっているのだ。

 カビの発生要件は、温度、湿度、栄養源だ。20~37℃程度の温度、65%以上の湿度、栄養源に埃、食べカス、垢、石けんカスなどがあれば、すごい勢いで増殖する。
 
 だが、これはカビにとって最適な環境であるに過ぎない。これ以外の環境下でもカビはしぶとく生きている。冷蔵庫でカビが生えた食物を発見して、ぞっとした経験はないだろうか? 気温0℃でも、どっこいカビは生きている。どんどん増えることはないが、死滅もしないのだ。

 夏のカビは浴室や台所など水回りに多い。だが冬は、壁クロスの裏側や建材の接合部など、目に触れない場所にも生えていることがある。さらにカビは、同じ場所におとなしくとどまってはいない。目に見えずとも常時空気中を舞っているので、屋内にいるとカビをたくさん吸い込むことになる。

 家の中ではしつこくセキが出るのに、外では出ない日が続く場合、カビが原因の呼吸器疾患の可能性がある。子どもなら気管支喘息、高齢者なら肺炎が代表的だ。鼻炎、気管支炎などもカビが原因で起こりやすい。


カビを見つけたら掃除機で吸い取る――は正解?

 タンスの裏にカビ発見! さあ、掃除機の出番といきたいところだが、これはNG。掃除機はカビを吸い取るが、そのまま閉じ込めてはくれない。排気に混じって部屋中にまき散らされてしまう。から拭きも同様にカビを飛び散らせ、水拭きは水分がカビの栄養になるだけ......。では、どうしたらいいのか?

 カビにアルコールをスプレーし、さらに乾いた布にもスプレーして、ていねいに拭き取ろう。アルコールは薬局で買える。「消毒用エタノール」と書いてあるものがアルコールだが、注意したいのは濃さだ。カビ退治には70%以上のものを購入してほしい。

 カビが生えてから退治するより最初から生やさないのがベストだ。カビ予防には一にも二にも換気が重要。これは夏でも同じだが、冬は寒いのでつらい。それでも1時間に5~10分は換気タイムとして窓を開け放とう。寒いからといって閉め切りは禁物だ。

 掃除も大切だ。カビは水分だけでは決して生えない。埃など栄養になるものがないとダメなのだ。床面よりむしろ壁や窓枠の埃を重点的に取ろう。家具類は壁から5㎝以上離して設置し、裏側に風を通す。そこにたまった埃は掃除機の細いノズルで吸い取る。押し入れの中も要注意だ。内側の角や木の部分がカビやすく、そこから毛布や布団に被害が広がることもある。予防にはスノコを敷き、中のものを壁から離すといい。「湿気取り」も有効だが、水分で満杯になる前に交換しないと、かえって害になる。限度いっぱい湿気を吸うと、今度は湿気を放出してくるからだ。

 冬はエアコンで乾燥するため加湿器を使うお宅もあるだろう。加湿器はのどや肌を潤しカゼの予防にもいい。だが、カビのことを考えたらできるだけ使わずにすませたい。

 カビ対策では北側の部屋がとくに重要だ。湿気がたまっても南の部屋は日差しで乾きやすいが、北の部屋ではそうはいかない。冬にカビが生えるのは、北側の部屋が圧倒的に多いことを忘れないでほしい。
(文=編集部)

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸