「指先にチクリ」だけ! 意外に知られていない簡易糖尿病検査を体験してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、糖尿病が強く疑われる人やその可能性を否定できない人は全国で合計2200万人以上いると推定され、糖尿病は既に日本人の国民病といっても過言ではない状況だ。

 ところが、実際に治療を受けているのはこのうちのごくわずかといわれている。血中のブドウ糖濃度(血糖値)が高いという糖尿病は、すぐに何らかの自覚症状があるわけではないため、患者自身に危機感がないことが理由に挙げられる。ただ、この状態を放置すると、最悪失明にもなりかねない糖尿病性網膜症、腎不全により人工透析が必要になる糖尿病性腎症など、治癒が不可能な重大な合併症に至る。気づいたときは手遅れというわけだ。

 これを防ぐには早期発見・早期治療が唯一の方法で、定期的な健康診断を受けている人以外は医療機関で検査を受けるしかない。多くの人にとって億劫なことだが、朗報がある。厚生労働省による規制緩和で、2014年4月から医療機関が発行する処方箋を取り扱う保険薬局の一部でも、糖尿病の簡易検査が受けられるようになったのだ。このことは意外に知られていない。

 この検査は自己採血検査と呼ばれるもので、保険薬局の店頭で自ら指先に針を刺し、その血液を使用してHbA1c(ヘモグロビン・エーワン・シー)と呼ばれる値を測定する。HbA1cは、血中で余分なブドウ糖が赤血球のヘモグロビンと結合してできるグリコヘモグロビンのことで、この値が高ければ血糖値が高いことを意味する指標。HbA1cの測定では過去1~2カ月間の血糖状態が分かり、血中のHbA1cの割合が5.9%以内ならば正常、6.0%を超えれば血糖値の正常化が必要になり、7.0%を超えれば合併症の発症の危険性が高まる。

待ち時間は5~6分、検査費用は1000円程度

 検査の実態を知るため、記者が実際に検査を行っている東京都台東区蔵前の「みどり薬局」で体験してみた。まず、検査を受けるために前述のHbA1cのことや自己採血用針の使用方法について説明を受ける。自己採血針はカートリッジ様となっており、指先を消毒してもらった後、カートリッジ先端を指先に押し当てて上部にあるボタンが「カチッ」と音をたてるまで自分で押す。意識的に自分の指に針を刺すとなると、結構緊張するが、わずかにチクリと感じる程度。誤って針などの突起物に指に刺してしまった時の痛みと比べれば、ほぼ無痛と言ってもよいほどだ。

 カートリッジを指から外すと、指先に直径2~3mmほどの出血があるのが分かるが、この血液を検査試薬に滴下して店内にある検査機器にかけ、6分ほど待つだけである。しかも待ち時間中には、薬局内でPC上のスライドを利用した糖尿病に関する詳しい説明を受けることができ、質疑応答や相談にも応じてくれる。

 一般社団法人・浅草薬剤師会会長でみどり薬局の経営者でもある坂口眞弓さんは、地域に根差した薬局を目指して活動を続けており、一般の人を対象に糖尿病に関する勉強会や30代の子育て中の女性を対象とした食と健康に関する管理栄養士も交えた講習などを行い、その際などに集まった人たちを対象に検査を実施したりしている。

 もしこの検査で6.0%を超える結果が出た場合だが、坂口さんは「かかりつけの医療機関などの受診を勧めて、薬局の方でも日常的な健康相談に応じています」とのこと。かつて坂口さんの薬局で検査を受け、6.0%超と判定された人の中には、その後自力で食事療法に取り組み正常値になった人もいるという。そして6分後に判明した記者自身の結果はというと、4.9%で無事正常。ちなみに検査価格は概ね1回1000円以内だ。

 もっとも、今のところ全ての保険薬局で対応しているわけではないので、予めインターネットなどで検査が受けられる保険薬局を自分で調べる必要はある。とはいえ、身近に検査が受けられる保険薬局があるならば、わざわざ保険証を用意して長い待ち時間を使って医療機関へ行く必要もなく、薬剤師による健康相談や糖尿病に関する勉強も受けられる手軽さとお得さはかなり優れもの。一度試してみる価値はあるといえそうだ。
(文=編集部)

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫