浜崎あゆみ、堂本剛……芸能人にも多い「突発性難聴」は早期治療が鉄則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浜崎あゆみ、堂本剛……芸能人にも多い「突発性難聴」は早期治療が鉄則の画像1

「突発性難聴」は2週間が経過すると回復困難に(depositphotos.com)

 健康情報を扱う仕事に就いて驚いたのは、「耳鳴り」や「難聴」など、耳のトラブルを抱えている人が非常に多いということだ。高齢になると耳が遠くなることは、よく知られている。しかし、耳のトラブルは年齢に関係なく起こっている。

 今年の6月に、男性アイドルデュオ・KinKi Kidsの堂本剛さん が「突発性難聴」で入院した。過去にも、歌手の浜崎あゆみさん 、人気ロックバンド・サカナクションの山口一郎 さん、お笑い芸人の千原ジュニアさんが突発性難聴になったことを公表している。

 耳のトラブルの問題は、聞こえづらさ以外にもある。「キーン」という高音や「ジージージー」とセミの鳴くような音がうるさくて、眠れなくなるのだ。

「異常なし」「原因不明」と診断されても諦めるな

 これまで耳のトラブルを抱える人に取材した中では、耳鼻咽喉科で「異常なし」「原因不明」と診断され、症状に苦しめられているにもかかわらず対処法がないと、途方に暮れているケースが非常に多かった。

 ただ、あきらめる必要はない。西洋医学・東洋医学を問わず、さまざまなアプローチで耳のトラブルが改善した例が多数あったからだ。完全に消えることはなくても、日常生活に支障を来さないレベルまで軽減できる可能性は十分ある。

 まずは耳鳴り・難聴の大まかな分類を紹介しよう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆