浜崎あゆみ、堂本剛……芸能人にも多い「突発性難聴」は早期治療が鉄則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浜崎あゆみ、堂本剛……芸能人にも多い「突発性難聴」は早期治療が鉄則の画像1

「突発性難聴」は2週間が経過すると回復困難に(depositphotos.com)

 健康情報を扱う仕事に就いて驚いたのは、「耳鳴り」や「難聴」など、耳のトラブルを抱えている人が非常に多いということだ。高齢になると耳が遠くなることは、よく知られている。しかし、耳のトラブルは年齢に関係なく起こっている。

 今年の6月に、男性アイドルデュオ・KinKi Kidsの堂本剛さん が「突発性難聴」で入院した。過去にも、歌手の浜崎あゆみさん 、人気ロックバンド・サカナクションの山口一郎 さん、お笑い芸人の千原ジュニアさんが突発性難聴になったことを公表している。

 耳のトラブルの問題は、聞こえづらさ以外にもある。「キーン」という高音や「ジージージー」とセミの鳴くような音がうるさくて、眠れなくなるのだ。

「異常なし」「原因不明」と診断されても諦めるな

 これまで耳のトラブルを抱える人に取材した中では、耳鼻咽喉科で「異常なし」「原因不明」と診断され、症状に苦しめられているにもかかわらず対処法がないと、途方に暮れているケースが非常に多かった。

 ただ、あきらめる必要はない。西洋医学・東洋医学を問わず、さまざまなアプローチで耳のトラブルが改善した例が多数あったからだ。完全に消えることはなくても、日常生活に支障を来さないレベルまで軽減できる可能性は十分ある。

 まずは耳鳴り・難聴の大まかな分類を紹介しよう。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫