「その他」の記事一覧

早くも熱中症の季節が到来!! この1週間に全国で672人が救急搬送、2人が死亡

熱中症の季節が到来した。総務省消防庁の発表によると、6月15~21日の1週間に熱中症のため救急搬送された人の数は全国で672人。搬送直後に死亡が確認されたのは2人だった。 岡野惣一君(仮名)は高校2年生だ。野球部で毎日練習に打ち込み、汗を流している。夏の甲子園をめざし、…続きを読む

早くも熱中症の季節が到来!! この1週間に全国で672人が救急搬送、2人が死亡

女性の約8割が訴える「重だる脚」は、これからの季節がピーク! そのまま放置すると危険な病気に......

女性向けの「着圧ソックス」が人気だ。ふくらはぎに圧力をかけて血行を促進し、むくみの改善に効果があるとされている。その市場規模は100億円を突破したとのことで、なかでも「スリムウォーク」(ピップ)と「メディキュット」(レキットベンキーザー・ジャパン)が二大ブランドとの声が高い…続きを読む

女性の約8割が訴える「重だる脚」は、これからの季節がピーク! そのまま放置すると危険な病気に......

眠れない、眠りが浅い、眠りたくない...... 世界一短い日本人の睡眠時間、あなたは大丈夫?

夜型生活が当たり前になりつつある。それに輪をかけ、さまざまなストレスが現代人の心身をいためつけ、睡眠障害の悩みはつきない。 昨年開かれた日本睡眠学会で、スリープウェル(本社・大阪市)が興味深い『日本人の睡眠2014』を発表した。同社が開発した小型の医療機器脳波計を92…続きを読む

眠れない、眠りが浅い、眠りたくない...... 世界一短い日本人の睡眠時間、あなたは大丈夫?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆