「その他」の記事一覧

関節リウマチなど「膠原病」の治療法は?〜周囲のサポートをもらいながら病気と付き合う

女優で作家としても活動する酒井若菜さんの対談&エッセイ『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)で、脚光を浴びる膠原病について、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターの講師・医局長の田中栄一医師に解説してもらった。関節リウマチは「身近な難病」――連載の最後…続きを読む

関節リウマチなど「膠原病」の治療法は?〜周囲のサポートをもらいながら病気と付き合う

忘年会・新年会で守りたい「飲酒ルール10カ条」〜ゆっくりゆったり酒を愉しもう!

適量を守り、休肝日を作る。食生活に注意し、適度な運動をする。ストレスをため込まず、睡眠や休養を十分とる。古今東西・老若男女を問わず、不変のゴールデンルールだ。 とりわけ、年末・年始の新年会・忘年会シーズン、飲み会、宴会、パーティ、女子会で酒を嗜む機会が増える。「飲酒ルー…続きを読む

忘年会・新年会で守りたい「飲酒ルール10カ条」〜ゆっくりゆったり酒を愉しもう!

熱中症対策の新スイーツ、サイクリストの声に応えたメレンゲ菓子が登場!

全国的に記録的な猛暑が続き、各地で"観測史上初"が続いている。この暑さのため、熱中症で運ばれる人が相次いでいる。 熱中症対策は、水分のほかにも、汗で失われる塩分の補給が欠かせない。水分と共に体内のナトリウムが外に出てしまうと、ただ水を飲んだだけでは脱水症状を起こしてし…続きを読む

熱中症対策の新スイーツ、サイクリストの声に応えたメレンゲ菓子が登場! 
「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆