シリーズ「熱中症をあなどるな!」 第2回

熱中症は、高温多湿の日、日差しや照り返しが強い日、風が弱い日などに要注意!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Nessyabyou02.jpg

熱中症の危険は炎天下だけではない

shutterstock.com

 喉もと過ぐれば熱さを忘るという。だが、戦後70年の今夏、戦禍の記憶と平和の尊さだけは忘れないでいたい。紫陽花を見つめ、梅雨開けを待ちつつ、雨晴れて傘を忘る夏になった。熱い恋は冷めやすいが、熱中症の熱は、なにかと悩ましく厄介だ。

 熱中症は、なぜ起きるのだろうか? 体温調節の仕組みをおさらいしよう。

 熱は温度の高い方から低い方へ流れる。ヒトの体は、暑さを感じると血流がよくなり、発汗して体温を下げる。熱を作り出して血流がよくなる働きを産熱、発汗して体外に熱を逃がす働きを放熱という。ヒトの体は、産熱と放熱のバランスをとりながら、体温を36~37℃に保っている。

 体温が気温よりも高い時は、熱は皮膚から空気中へ移りやすくなるため発汗が強まり、体温の上昇が抑えられる。一方、体温が気温よりも低い特は、熱は皮膚から空気中へ移りにくくなるため発汗が弱まり、体温の下降が抑えられる。

 この体温調節のバランスが崩れた時に起こるのが熱中症だ。

 気温が高い状態が長引くと、大量に発汗して水分や塩分が失われる。血液中の水分が奪われれば、発汗が弱まり、臓器に流れる血流量が減る。同時に、湿度が高い状態が長引けば、発汗が抑えられ、熱が皮膚の表面にこもるので、放熱しなくなる。その結果、熱中症が引き起こされる。

梅雨の晴れ間や梅雨明けの時期、熱帯夜にも要注意!

 たとえば、最高気温が30度以上の真夏日。気温が高く、湿度が75%以上になると、汗は流れ落ちる。しかし、ほとんど蒸発しないため、発汗による体温調節ができなくなり、熱中症にかかりやすくなる。さらに、体温が37℃を超えると皮膚の血管が拡がり、皮膚の血液量が増えるので、放熱が促される。だが、体温がさらに上昇するにつれて、発汗によって体の水分量が激減すると、心臓や脳を守るために皮膚の血管が収縮し始めるので、放熱しなくなり、熱中症に襲われるリスクが一気に高まるのだ。

 このように熱中症は、体温を調整する機能がコントロールできず、体温が急上昇する機能障害だ。だが、炎天下ばかりでなく、室内で静かに過ごしていても起こり得る。高齢者や病人だけでなく、室内で熱中症にかかる人も少なくない。

 どのような日に注意したらいいのだろうか?

 7〜8月は、日中の最高気温が高くなった日に熱中症の患者が急増している。梅雨の晴れ間や、梅雨明けの急に蒸し暑くなった時期は、体がまだ暑さに慣れていないため、汗を上手くかけず、体温調節をスムーズにできない。暑い日が続くと、次第に身体が暑さに慣れてくる。これを暑熱順化(しょねつじゅんか)という。

 とくに注意したい日は、高気温、高湿度の日、日差しや照り返しが強い日、急に暑くなった日、風が弱い日だ。熱帯夜が続くと、夜間も体温が高いため、熱中症が起こりやすくなるので注意しよう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真