「その他」の記事一覧

熱中症は20%以上が室内で発症! 密閉性の高い現代の住環境が落とし穴に!!

昨年、清涼飲料水メーカーのキリンビバレッジが、全国の10代〜60代の男女4966人を対象に、熱中症対策の意識調査を行った。 その結果によれば、「熱中症対策の必要性を感じている」と答えた人は83.0%にものぼったが、「具体的な対策をしていない」と答えた人は41.7%だった…続きを読む

熱中症は20%以上が室内で発症! 密閉性の高い現代の住環境が落とし穴に!!

"ネガティブ過ぎるモデル"栗原類が「発達障害」をキャラ変換、むしろ"ポジティブ"?

モデルの栗原類(20歳)が、NHKのテレビ番組「あさイチ」の出演中に「発達障害」であることを明かした。 イギリス人の父と日本人の母の間に生まれた栗原は、長身のイケメンながらも後ろ向きな発言が注目され、"ネガティブ過ぎるモデル"としてブレーク。バラエティ番組などで活躍し…続きを読む

眠りたいなら「羊」を数えてはいけない! 不眠・寝不足時代の正しい睡眠方法

現代は「不眠・寝不足時代」といわれることがある。テレビの深夜放送や24時間営業のスーパーやコンビニ、ファストフード店が当たり前になり、寝不足や睡眠リズムが乱れている人の割合は、100年前、いや四半世紀前と比べても増えているのではなかろうか。 厚生労働省健康局がまとめた『…続きを読む

眠りたいなら「羊」を数えてはいけない! 不眠・寝不足時代の正しい睡眠方法
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛