アレルギーの原因となる"ダニ"の撃退法を徹底解説! 布団・床・畳・じゅうたんの正しい掃除法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DANIGEKITAI.jpg アレルギーの原因となるダニで厄介なのは、そのフンだ

shutterstock

 文部科学省の学校保健統計調査によると、平成26年の小学生の喘息(ぜんそく)患者の割合は3.88%、20年前の約3倍にもなるという。

 喘息はもちろん、アトピー性皮膚炎、鼻炎、結膜炎など、さまざまなアレルギー性疾患の原因になるのがダニ。生きているダニだけでなく死骸やフンもアレルゲンになるため、退治するだけでは解決にならない。今回は、その撃退法を解説しよう。

 ダニで厄介なのは、そのフンだ。ダニのフンのアレルギー活性は、ダニ成虫の1.8倍もあり、スギ花粉より高い。家の中にいるダニの約9割はチリダニで、そのフンの大きさは0.01~0.04mm。人間の気管に入ることが可能な大きさは0.01mm以下なので、体内へは侵入しないと思いきや、そうではない。フンは時間が経つと乾燥して粉々に崩れ、1μm(0.001mm)まで細かくなる。それが家の中を舞い、口や鼻、皮膚から体内に侵入するのだ。

 ダニは卵から幼虫になるまで約1週間、成虫になるまで約1か月、成虫になってから約2~3か月生きる。その間、1日平均6個のフンを出し、一生では500個以上のフンをすると考えられる。それが細かくなるのだから、ダニ1匹当たりだけで相当な数だ。家の中には膨大な数のダニがいるといわれる。フンのかけらの数は、果たして数千万か数億か......。想像するだけでぞっとする。

 このように厄介なフンだが、取り除く効果的な方法がある。洗濯機で洗い流すことだ。フンは水溶性なので、洗うと9割以上が水で流される。布団のような厚物でも90%以上、シーツのような薄物なら実に99%が落ちてしまう。ただし、洗濯機にぎゅうぎゅう詰めではいけない。フンの落ち方が悪くなったり、いちど落ちたフンが別の場所に再付着したりするからだ。

 とはいっても、家の中には簡単に洗濯できないものもたくさんある......。では、どうしたらしいか?

ダニの好む環境は人にも快適

 ダニの生育環境には以下のような条件がある。

▶︎気温10~35℃
▶︎湿度50%以上
▶︎エサ
▶︎もぐっていられる場所

 気温や湿度は人にも快適な範囲だ。エサの埃、フケ、アカ、カビなどは家中いたるところにあり、無くすのはなかなか難しい。もぐれる場所は、畳、じゅうたん、寝具、ソファ、クッションなど、これもたいていの家にある。ダニをゼロにするのは無理としても、可能な限り減らす方法はないものだろうか。

 まず、ダニの宝庫ともいえる布団について撃退法を探ってみよう。巷間いわれている布団のダニの撃退法には、効果が高いもの、まずまずのものから、それほど効果的でないものまでいろいろある。次のうちどれが効果的か、まずは予想を立ててみてほしい。

▶︎丸洗い
▶︎天日に干す
▶︎表面に掃除機をかける
▶︎圧縮ビニール袋に入れる
▶︎防ダニ寝具を使う
▶︎電気毛布を使う
▶︎布団乾燥機を使う

 さて、あなたの予想は?

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真