「すそワキガ」は〇〇〇のサイン? 気になる女性のデリケートゾーンのニオイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「すそワキガ」は〇〇〇のサイン? 気になる女性のデリケートゾーンのニオイ の画像1

デリケートゾーンのニオイ、気になりますか?(depositphotos.com)

 夏に向け汗や湿気によりさらに気になるのが、女性器のトラブル。特に自覚症状がないからといって、放っておいたら大変なことになる、なんてことも……。

 見過ごせない悪臭から「膣カンジダ症」さらに「更年期障害」との関係まで、誰もが気になる女性器の不調について、「女性の駆け込み寺」こと『咲江レディスクリニック』丹羽咲江院長に話を聞いた。

「すそワキガ」のニオイとは?

 気になる女性器のニオイは一般的に「すそワキガ」などと呼ばれることがあるが、「そもそも産婦人科界隈には〈すそワキガ〉という言葉はありません。美容整形の世界に特化した言葉のようですね」と丹羽院長は説明する。

 それでは一体どんなニオイが「悪臭」と言われるものなのだろう?

 「ニオイがきつい人はパンツを脱いだ瞬間にわかります、もわ~っと臭ってきますから。その原因は、たいてい〈アミン臭〉といわれる魚が腐ったような生臭さです。ちゃんと『私、クサイかも』と異変を自覚できるニオイです」

 ニオイの原因はいくつかあるが、元をたどるとほとんどは「体の不調」に行き当たるという。

 「現代女性はとにかく不健康な環境下に置かれがちです。食生活の乱れや睡眠時間の減少、過労、ストレス、などなど……。そうして体が弱ると、膣内の自浄作用が低下します。どういうことかといいますと、膣内に常在している〈デーデルライン桿菌〉という、清潔を保つために雑菌を殺す役割の乳酸菌が、減ってしまいます」

 すると膣内で雑菌が増殖、「細菌性膣炎」と診断される症状に発展することも多々ある。

 「『細菌性膣炎』は、増殖した菌の種類にもよりますが、どろりとした鼻水のようなおりものが増えたり、かぶれて痒くなったり、痛くなることもあります。同時に、生臭い悪臭を放ちます」

 ほかにも「クラミジア感染症」などの性感染症が悪臭を引き起こすこともあるそうだ。

 「クラミジア感染症や淋病感染症などの一般的な性感染症は、それ自体の自覚症状はほぼありません。ですが、たいてい感染すると膣内の細菌バランスが崩れるので、やがて一般細菌も繁殖し、ニオイの原因になるのです。ちなみに、性感染症の中でいちばん悪臭がするのが、『トリコモナス感染症』です」

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘