「医療ミス・訴訟」の記事一覧

超一流?東大病院でズサン管理の死亡事故~担当弁護士が語る<危険な病院>の見分け方

「人間はミスをする生き物である」と呟かずにはいられないニュースが報じられた。 超一流と目される東京大学付属病院(東京都文京区)で起きた2015年の医療事故だ。今年1月末に同院が発表したこの事故は、単純な取り違えが原因だった。 多臓器の障害があり重篤で入院中の男児が、…続きを読む

超一流?東大病院でズサン管理の死亡事故~担当弁護士が語る<危険な病院>の見分け方

柳原病院の「強制わいせつ」事件の真相は? 麻酔の副作用による患者の「性的幻覚」の可能性も

8月25日、「麻酔」をめぐる、あまりにも唐突な逮捕劇が報じられた。 術後の麻酔から覚めたばかりの女性患者(30代)に対し、その胸をさわるなどしたとして、都内在住の男性医師(40歳)が「準強制わいせつ」の疑いで警視庁千住署に逮捕されたのだ。傷口の確認か?準わいせつ行為…続きを読む

柳原病院の「強制わいせつ」事件の真相は? 麻酔の副作用による患者の「性的幻覚」の可能性も

医療事故調査制度がスタート! 患者側と医者側が信頼関係の中で話し合いができるように

風邪で病院へ行った際、処方された医薬品の成分、主作用、副作用について、医師から説明されたとしても、それを100パーセント理解できる患者はほとんどいないだろう。もし理解できたとしても、2年も経ては医薬品は改良され、その情報の変化に対応することは不可能だ。 つまり、医療サー…続きを読む

医療事故調査制度がスタート! 患者側と医者側が信頼関係の中で話し合いができるように
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆