医療事故調査制度がスタート! 患者側と医者側が信頼関係の中で話し合いができるように

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
82066816-2.jpg

患者側も医者側も医療訴訟は避けたいもの(shutterstock.com)

 風邪で病院へ行った際、処方された医薬品の成分、主作用、副作用について、医師から説明されたとしても、それを100パーセント理解できる患者はほとんどいないだろう。もし理解できたとしても、2年も経ては医薬品は改良され、その情報の変化に対応することは不可能だ。

 つまり、医療サービスには、供給側(医師や医療機関)と受け手側(患者や家族)との間に、圧倒的で、ある意味、絶望的なほどの格差が存在している。

 そして、医療は不確実なものでもある。ある患者に有効な治療法が、別の患者にまったく同じように効果があるとは限らない。ある人にはアレルギー反応があり、特定の医薬品は処方することができないことがある。また高齢者の患者であれば、外科による開腹手術に耐えられる体力がないかもしれない。

 このような不確実性をはらんだ医療という営みには、ある一定の確率で「医療事故」という、あってはならない事態が発生する……。

今年10月からスタートした「医療事故調査制度」とは?

 たとえば、家族が盲腸で手術を受けたとしよう。簡単な手術だと信じていた。しかし、その患者は植物状態になってしまった。あなたは、なぜそうなったのかを医師や医療機関に問う。しかし、病院は家族が納得できる回答を出させなかった。その結果、医療訴訟が始まる――。

 これは患者にとっても病院にとっても不幸なことだ。双方ともに信頼関係がなくなった上での訴訟である。しかも、医療事故訴訟を得意とする弁護士が極めて少ないため、多くのケースでは原告(患者側)が不利な訴訟としてスタートする。その結果、原告が敗訴するケースも少なくない。さらに、民事訴訟だけでは納得できず、刑事事件として訴えるケースもある。

 数々の医療訴訟の歴史のなかで、患者側原告は「医療事故の真実を明らかにするには、医療訴訟では不十分で、医療事故を調査する専門的な第三者が必要だ」と政府に働きかけた。病院側も「医療事故が刑事事件に発展することをなんとしても避けたい」と考えた。

 こうしてできたのが、今年10月からスタートした「医療事故調査制度」だ。

 この制度によって、医療行為のなかで予期しない患者の死亡事故などが起きたとき、第三者機関である「日本医療安全調査機構」に届け出ることができるようになった。そして、事故があった医療機関による「院内調査」と、遺族への調査結果の説明が法律で義務づけられた。

患者側にも医療側にもメリットがあるものに育てるために

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛