>  > 乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!(新宿大腸クリニック 後藤利夫院長)
「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!(新宿大腸クリニック 後藤利夫院長)」の記事一覧

これまで4万件以上という大腸内視鏡検査の実績を持つ大腸のスペシャリスト。大腸がんの予防には定期的な検査と腸内環境の整備が最も効果的と指摘。話題の腸内フローラや毎日の生活の中で摂取することができる乳酸菌の効果についてさまざまなアングルから検証を試みている。

乳酸菌でストレス緩和!「脳腸相関」が良好になれば腹痛・下痢・便秘・睡眠障害も解消

現代社会と切っても切れない関係にあるストレス。現代を生きる人のほとんどが何らかのストレスを抱えているといっても過言ではない。 ストレスをなくすためには、その原因となるものを減らすことだが、それが仕事や人間関係ともなると、そう簡単に遠ざけることができない。では、いかにして…続きを読む

乳酸菌でストレス緩和!「脳腸相関」が良好になれば腹痛・下痢・便秘・睡眠障害も解消

たった8週間で血管年齢が5歳も低下!? 高血圧を予防する乳酸菌の秘密!

脳卒中や心疾患など命に関わる病気につながる高血圧。決して放置しておいてはいけないが、自覚症状がないため気がつかないでいると徐々に血管はむしばまれていく。 乳酸菌にはそんな高血圧を予防する効果も期待できる。高血圧は「サイレントキラー」 高血圧は日頃の生活習慣によっ…続きを読む

たった8週間で血管年齢が5歳も低下!? 高血圧を予防する乳酸菌の秘密!

便秘に効く「ヨーグルト」はコレ! 善玉菌を増やす乳酸菌の種類が重要

「便秘解消にはヨーグルトを食べればいい」というのはよく聞く言葉だ。では、どうしてヨーグルトは便秘に効果があるのだろうか? 我々の腸の中には100兆個もの腸内細菌が棲みついている。この腸内細菌の環境が人間の排便には欠かせない。通常、その腸内細菌の1割は善玉菌とよばれる健康…続きを読む

便秘に効く「ヨーグルト」はコレ! 善玉菌を増やす乳酸菌の種類が重要
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆