>  > -5歳を実現する、50歳からのエクササイズ(ルーシーダットンインストラクター 五十嵐あゆ子)
「-5歳を実現する、50歳からのエクササイズ(ルーシーダットンインストラクター 五十嵐あゆ子)」の記事一覧

中年期に健康的でフィットネス(運動能力)を保てた人は将来の医療費を抑制できることが、多数の研究から明らかになっている。日常生活のちょっとしたシーンで無理なく行える、エクササイズや生活習慣の改善で、健康だけでなく見た目も若返らせる。

いまや<腹筋女子>が理想のカラダ!? あなたの腹筋はすでに割れている!

男性なら誰もが憧れる「シックスパック」。女性にもそのブームが到来し、最近では「腹筋女子」が話題になっています。 「腹筋女子」とは、腹筋が割れて見えたり、アブクラックスといわれる腹部の縦筋が見える女性のこと。モデルでタレントのローラや紗栄子、中村アン、女優の榮倉奈々、松岡…続きを読む

いまや<腹筋女子>が理想のカラダ!? あなたの腹筋はすでに割れている!

なでしこジャパンの秘密は「スピード持久力」? 短時間で脂肪燃焼の"最強のエクササイズ"とは?

サッカーの「FIFA女子ワールドカップ2015」の決勝トーナメント、なでしこジャパンは期待に応えてベスト8に勝ち進みました。予選リーグを首位で通過したものの、メディアは「得点力不足」と批評。とはいえ、前大会のチャンピオンとして2連覇の重圧のなか、結果を残しているのは並々な…続きを読む

なでしこジャパンの秘密は「スピード持久力」? 短時間で脂肪燃焼の

"ポッコリ"お腹を解消するための早道は......腹筋運動にあらず

ポッコリお腹の代表、いわゆる「ビール腹」は、ビールの飲み過ぎのことではありません。そのポッコリと付き出たお腹の様が「ビール樽」に似ていることから、そう呼ぶようになったそうです。 ポッコリお腹のタイプはいくつかありますが、手脚は細いのにお腹だけがでっぷりと出たビール腹は「…続きを読む

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛