インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第1回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人 の画像1

抜け毛にもいくつかのタイプがある(depositphotos.com)

 メンズヘルスクリニック東京は1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニック。小林一広院長は「病いはケから」をキーワードに、二つの「ケ」である「気」と「毛」の健康との関係を長年研究。精神的なストレス(気)が病気を招くこと、薄毛や抜け毛がエイジングによる老化のサインとなることを指摘。「目指せ、フサフサピンピン!」というキャッチを掲げて、テストステロンを通じた自身の持論を展開する。

 現在、薄毛の悩みを抱える人口は1200万人にも上ると言われる。その数は上昇傾向にあるとされるが、小林院長にこの問題を尋ねると、薄毛の悩みは今に始まったことではないと話した。

 「まず最初にどこからが薄毛かという定義はないんです。薄毛に悩む数が増えていると聞いても本当なんだろうかって。悩んでいる人は昔からいましたが、治療する場所がどこにもなかったから行かなかっただけの話かもしれません。薬がその後いろいろと登場してきて効果があるとなったから患者さんもそういう場所へ足を運び出した。患者さんが増加したから悩みも増加しているということではないと思っています」。

 また、薄毛の問題に関しては男性女性問わず、避けては通れない問題であるといい、「加齢現象ですから年齢を重ねて、いろんな細胞が衰えてきて、そのうち、毛根の細胞が髪を作りにくくなる。これは自然な流れなんです。そこに個人差が絡んできて60何歳でふさふさな人もいれば30代であっという間に髪が薄くなるという人も出てくる。不公平が生まれるならそこでしょうね。頭はなかなか隠せない。すべて露呈してしまう。だから髪について人から自分はどう見られているんだろうという悩みに繋がる」と述べ、その薄毛の悩みがストレスを生み、健康問題にも影響を与えると警笛を鳴らす。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛