「横山隆」の記事一覧

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆

市販薬に含まれる「カフェイン」による急性中毒症!自殺目的で若年者を中心に広く深く蔓延

現在、市販されている「鎮痛解熱薬」や「総合感冒薬」の成分として含まれている、カフェインによる急性中毒患者は、若年者を中心に更なる増加傾向にある。 日本中毒学会による38施設の共同調査による報告によると、2011年度から2012年度までの2年間では15例を認めたのみであっ…続きを読む

市販薬に含まれる「カフェイン」による急性中毒症!自殺目的で若年者を中心に広く深く蔓延

姿や形を変えて「覚醒剤」や「大麻」が社会に広く深く蔓延している!

飲料物に覚醒剤を混入して事件を誘発させる、極めて悪質なケースが多発している――。 我が国では、いわゆる「紀州のドンファン」として名を馳せていた高齢男性が、何らかの飲み物に混入された大量の覚醒剤で急性中毒死した事件が世間を騒がせている。被害者には覚醒剤の使用時に認められる…続きを読む

姿や形を変えて「覚醒剤」や「大麻」が社会に広く深く蔓延している! 

バファリンで自殺未遂!急性アスピリン中毒で筋肉の細胞が溶ける危険性

アスピリン(アセチルサリチル酸)は、市販の鎮痛解熱薬として広く用いられている。また医療施設での処方も多い。 主な薬剤としては、「バイエルアスピリン(1錠中アスピリン100mg)」「バファリンA(同330mg)」などがある。これらの薬剤は、薬店で誰でも簡単に入手可能である…続きを読む

バファリンで自殺未遂!急性アスピリン中毒で筋肉の細胞が溶ける危険性

シリアが使った化学兵器「塩素ガス」に世界中が震撼! 身近な場所でも毒ガスは発生している!

シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区などので、住民に甚大な被害をもたらした化学兵器使用疑惑――。米国の報道機関は、アサド政権によって「塩素ガス」や「サリン」が使用されたと報道した。 米国は、被害者の臨床症状や血液・尿を検査したところ、塩素ガス中毒が一因であると認めた…続きを読む

シリアが使った化学兵器「塩素ガス」に世界中が震撼! 身近な場所でも毒ガスは発生している!

薬剤師が選択した自殺方法は降圧薬、糖尿病薬、催眠薬の同時大量服用

私が約10年前に経験した降圧薬、経口糖尿病薬、催眠薬を同時過量服用して、自殺を企図した薬剤師の症例について報告する。 職場の人間関係や恋愛がうまくゆかず落ち込み、4年前より統合失調症にて某精神科で治療を受けていた35歳の現役薬剤師だった。 ある日、勤務先病院の薬局か…続きを読む

薬剤師が選択した自殺方法は降圧薬、糖尿病薬、催眠薬の同時大量服用

美味だが危険なフグの猛毒! 中毒は10年間で240件、有効な解毒薬はナシ

2018年に開催された日本中毒学会東日本地方会で、筑波大学医学医療系法医学講座の村松尚範医師は、以下のような症例報告を行った――。 日本在住のタイ国籍の40歳代の女性(飲食店経営)が、市場で購入したショウサイフグを自分で調理して食べた直後に、嘔気、指先や口周囲の痺れを訴…続きを読む

美味だが危険なフグの猛毒! 中毒は10年間で240件、有効な解毒薬はナシ

薬物中毒死急増のアメリカで平均余命が短縮! 日本のドラッグ汚染はどこまで?

アメリカではオピオイド(麻薬)やマリファナ(大麻)などの過剰服用は深刻な問題である。 ABCの調査によると、現在、アメリカでは1日129人が薬物過剰服用によって死亡。その数は、銃犯罪や交通事故などによる不慮の死よりも多いのが現状である。さらに驚くべきことに、アメリカ国立…続きを読む

薬物中毒死急増のアメリカで平均余命が短縮! 日本のドラッグ汚染はどこまで?

睡眠薬を使った事件が多発!医療従事者が関わった保険金殺人も

前回の(参考:睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!)で、睡眠薬を酒などに混入させて性犯罪を企てる「デートレイプドラッグ」について解説した。さらに恐ろしいことに、睡眠薬を被害者に飲ませて、強盗、殺人を引き起こす事件が最近後を絶たない。今回は…続きを読む

睡眠薬を使った事件が多発!医療従事者が関わった保険金殺人も

睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!

近年、集団で大量のアルコールを女性に飲ませ、意識レベルが低下した状態に陥ったのちに性犯罪に及ぶという事件が後を絶たない。カラオケ店、インターネットカフェ、ラブホテルなどの閉鎖的空間で、大学生のみならず研修医や医学生による刑事事件も明るみになった。 最近ではアルコールなど…続きを読む

睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!

自殺目的で「硫酸」を飲むと悲惨な結末に! 「アシッド(酸)アタック」は今でも世界中で頻発

2017年9月、過去に3人の男性に襲われ、顔面に「硫酸」をかけられ重傷を負った19歳のインド人女性が、ニューヨークで開催されたファッションショーに出演して注目を集めた。彼女は同じような被害にあった女性たちを勇気づけるためにステージに立ったとのことで、「大変幸せだった。美しさ…続きを読む

自殺目的で「硫酸」を飲むと悲惨な結末に! 「アシッド(酸)アタック」は今でも世界中で頻発

処方薬の濃度738倍で患者死亡 患者側で防ぎようがない院内製剤の医療ミス

2017年10月3日の各種マスコミによると、京都大医学部付属病院で外来通院して治療を受けていた60歳代の女性患者が、9月26日に自宅で同院より処方された「セレン製剤」を自宅で点滴したのちに、背中の痛みを訴え、翌日朝に同院を受診し、諸検査を施行したが異常は認めなかったが、その…続きを読む

処方薬の濃度738倍で患者死亡 患者側で防ぎようがない院内製剤の医療ミス

乗り物酔い防止の市販薬「トラベルミン」を大量服用しての自殺未遂!

私が経験した、乗り物酔いを防ぐための市販薬「トラベルミン」(エーザイ)を大量服用して、自殺企図した若年患者例について紹介したい。 20歳代女性、会社員、精神科の通院歴なし。自分自身で薬店よりトラベルミンを購入し、60錠服用した。1時間後より頭痛、嘔気、めまい、耳鳴、気…続きを読む

乗り物酔い防止の市販薬「トラベルミン」を大量服用しての自殺未遂!

喘息治療薬「テオフィリン」の大量服用は生命に危険が及ぶ急性中毒症を招く

現在も喘息治療薬として広く用いられている「テオフィリン」は、「カフェイン」と同様、「キサンチン誘導体」に分類され、両者の化学構造式はきわめて類似している。 テオフィリンは気管支の筋肉を弛緩させることによって、きわめて強力な気管支の内腔を拡張させるため、特に喘息発作時に有…続きを読む

喘息治療薬「テオフィリン」の大量服用は生命に危険が及ぶ急性中毒症を招く 

「食塩中毒」で1歳児が死亡! 200gの「食塩」を摂取して自殺した成人も

2015年8月、岩手県盛岡市内の無認可の保育施設で、当時1歳の女児が大量の食塩入りの飲み物を飲まされて、中毒死していたことが判明した。岩手県警は、2017年7月、保育施設を経営していた34歳の女性を傷害致死容疑で逮捕。容疑者は女児の気分が悪そうだったので、塩分補給の目的で食…続きを読む

「食塩中毒」で1歳児が死亡! 200gの「食塩」を摂取して自殺した成人も

カフェインは現代の代表的<危険ドラッグ>! 人気の「カフェイン製剤」50錠で死ぬ

最近、「カフェイン」が含まれている風邪薬や鎮痛薬を大量摂取して、死亡例を含む重篤な中毒症状を呈した報告が相次いでおり、中毒領域での一大関心事となっている。同様に日本中毒学会でも、毎年、同中毒に関する症例が多数発表してきた。 日本中毒学会の委員会は、2011年4月から20…続きを読む

カフェインは現代の代表的<危険ドラッグ>! 人気の「カフェイン製剤」50錠で死ぬ

風邪薬や鎮痛薬に含まれる「カフェイン」の大量服用による急性中毒症で自殺者も

数年前、私が経験した症例を報告する――。 患者さんは21歳の男性。約5年間にわたり「うつ状態」だったため、精神科クリニックで抗うつ薬による治療を受けていた。ある日、市内の薬剤店よりカフェイン製剤(市販名エスタロンモカ:1錠中カフェイン100mg含有)を購入し、110錠(…続きを読む

風邪薬や鎮痛薬に含まれる「カフェイン」の大量服用による急性中毒症で自殺者も

きれいな花には毒がある!「ニラ」と間違えて「スイセン」を食べて食中毒による死亡例も!

前回は、有毒植物であるイヌサフランを食用植物であるギョウジャニンニクと見誤って食べてしまい、食中毒となり、最悪のケースでは死亡例も認められた論文を紹介した(参考:ギョウジャニンニクに酷似した「イヌサフラン」による食中毒で今年も死者が!)。 同じように、美しい花を咲かせる…続きを読む

きれいな花には毒がある!「ニラ」と間違えて「スイセン」を食べて食中毒による死亡例も!
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆