連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第33回

ギョウジャニンニクに酷似した「イヌサフラン」による食中毒で今年も死者が!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イヌサフランとギョウジャニンニクの判別は難しい

 ギョウジャニンニクは、葉を揉むとニンニク特有の強い臭いがあり、葉は通常1~2枚である。球根はラッキョウのような形をしており、やはり強い臭いを有する。

 それに対して、イヌサフランの葉には臭いがなく、葉は多数重なっている。球根は茶色の3~5cmの卵形で、ギョウジャニンニクとは明らかに異なる。しかし実際には、山菜取りなどで冷静にこれらを区別することは、極めて難しいのが現状である。

 イヌサフランによる食中毒を防ぐためにはどうしたらいいか?

①最も大切なのは、イヌサフランに関する形態およびその毒性を認識すること。無害の山菜の中にイヌサフランが混生していることがあるので、十分注意すること。採集後にギョウジャニンニクなどの食用植物と確実に判別できぬ時は、絶対に食べないこと。

②イヌサフランなどの観賞用の花壇と家庭菜園は同一の場所に作らないこと。

③生産者はギョウジャニンニクが混ざった植物を誤って出荷しないこと。集団食中毒発生の危険性がある。

④誤ってイヌサフランを誤食したことが疑われた際には、速やかに医療施設を受診すること。早期に胃洗浄などの処置を行うことによって、軽症で事なきを得ることがある。この中毒症は急激に症状の増悪を認め、死に至る危険性は極めて大きいことを認識すべきである。


連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子