<ベターッと開脚>ができないのはなぜ? 痛みで判断、無理な開脚はケガを招く!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪の場合、神経組織が傷ついて麻痺につながることも

 私たちの身体には骨、筋肉だけではなく、さまざまなものが全身に張り巡らされている。その代表的なものは「血管」と「神経」だ。それらが身体の隅々にまで伸びていることで、私たちは身体を自由自在に動かすことが可能なのである。

 開脚のキーポイントになる、骨盤から脚の裏にも神経が通っている。「坐骨神経」と呼ばれる神経だ。この神経にトラブルがあると、いわゆる「坐骨神経痛」に苦むことになる。ちなみに「坐骨神経痛」という病名は存在しないのだが……。
 *関連記事「「座骨神経痛」という病名は存在しない! 痛みの原因は“お尻の奥の筋肉”が硬いから!?」http://healthpress.jp/2016/02/post-2243.html 

 前屈や開脚を行うと、脚の後ろは伸ばされる。まれに、その神経が伸ばされると痛みを感じる人がいる。神経が伸縮の刺激を受けると、「ピーン」としびれるような感覚や、実際に脚がシビレを生じたりする。

 ところが、その状態から「ストレッチで筋肉が伸ばされているぞ」と思って頑張り、さらに無理して伸ばすと、最悪の場合、神経組織が傷ついてしまい麻痺などにつながってしまう。

 「筋肉の硬さ」は、日々のストレッチやトレーニングを行うことで改善していく。だが、神経が伸ばされることで起きている痛みには、むやみにストレッチを行うと逆効果で、むしろ悪化する可能性がある。構造上、神経は伸張しない。無理に伸ばそうとすると傷つく恐れがある。

 神経が伸ばされることで起きる痛みには、一度医療機関を訪ねて、医師や理学療法士のアドバイスを受けるのが最善だ。せっかくのストレッチ習慣が、ケガにつながっては元も子もない。正しく安全に開脚にチャンレンジしてほしい。
(文=編集部、監修=三木貴弘)

三木貴弘.jpeg

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の医療、理学療法を学ぶ。2014年に帰国し、東京の医療機関に理学療法士として勤務。現在は札幌市の整形外科専門の医療機関に勤務。その傍ら、一般の人に対しても正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。執筆依頼は、”Contact.mikitaka@gmail.com”まで。
 
連載「国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」バックナンバー

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在はクリニック(東京都)に理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。

三木貴弘の記事一覧

三木貴弘
<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志