連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」第22回

<人をダメにする>クッションやソファは<腰をダメにする>!? 同じ姿勢が体に与えるダメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
509560417.jpg

楽な姿勢から立ち上がる瞬間が危険(shutterstock.com)

 ライフスタイルの変化に伴い、人間は座っている時間が年々長くなってきている。日本人も欧米化されたライフスタイルに伴い、椅子やソファに座る機会も増えた。

 そこで<座る>心地よさや快適さを追求した、さまざまな商品が開発・販売されている。ところが、座り心地のよさは人を非活動的にもする。

 巷で人気を博しているビーズクッションでできたクッションやソファなどは、快適すぎて<人をダメにする>というキャッチコピーが流布しているほど。極小のビーズが詰め込まれたクッションが変形して体を丸ごと包み込む。

 初めて体験する、そのフィット感に驚いた人は多いだろう。一度腰かけて身を預けると、その心地よさに身をゆだねたまま動けなくなる……。何もする気が起きなくなって<人をダメにする>のである。

 だが、その心地よさとは裏腹に、カラダへの負担を考えたことがあるだろうか。この<心地よさ>が、腰痛の原因になっているかもしれないのだ。

 座りごごちが良いソファの要素のひとつに、柔らかい座面がある。座ると体全体が沈みこみ、リラックスしたまま、そこから動きたくなくなるようなソファ――。

 一見、理想的なソファだが、そこで読書やゲーム、テレビや映画などを視聴するなど、長時間座り続けると、腰痛を招く危険性がある。

<同じ姿勢>が腰に悪影響を与える

 まず一つめに、座っている形にある。座面が柔らかいソファというのは、お尻が沈み込むので、座った時に、膝よりもお尻が低い位置になってしまう。

 その姿勢を少し具体的に説明すると、膝よりお尻が低い位置まで沈むことで、骨盤が後ろに倒れて、さらに腰部が丸まるような形になる。これは、腰に負担をかけ続けている姿勢なのだ。

 二つめは、<同じ姿勢>を取り続けている点だ。以前にも、同じ姿勢を続けることは、腰によってよくないことである。

 以前にも、「『理想的な姿勢』は存在しない~『同じ姿勢を続けること』が病気のリスクに」と題して警鐘を鳴らした。

 <人をダメにする>心地よさにおぼれて、同じ姿勢を取り続けてしまうということは、筋肉を使わない楽な姿勢なのだ(だからこそ心地よく感じる)。

 そこからいきなり立ち上がろうとすると、筋肉を使っていない状態から、急に筋肉を使うことになる。それはあたかも、起床してすぐに全力で走るようなものだ。当然、そのときにケガ(ギックリ腰)を生じる危険は高くなる。ギックリ腰は、<何気ない動作>の時に起こるものだ。

 これらの理由で、<心地よいソファ>というのは魅力的だが、腰には好ましくないことがあることを注意しておきたい。当然、日常的にそのような姿勢や動作を行う機会が多いというのは、それだけ腰を痛める危険性が増えることにつながる。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔