連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」第23回

「どっこいしょ」がぎっくり腰を防ぐ~無意識の心の<かけ声>がケガを減らす

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
345367757.jpg声かけがぎっくり腰を防ぐ(shutterstock.com)

 どっこいしょ――。椅子に座るときや立ち上がるとき、重いモノを抱えたり、運んだりするとき、ついつい口から出てしまうこのかけ声。

 無意識に出るかけ声は、重いモノを抱えるときの、ちょっとしたコツだ。今回は、「どっこいしょ」が医学的にどのような効果をもたらすのかを解説したい。

 ぎっくり腰になったり、腰を痛めるケースで多いのは、無意識での動作の最中だ。これには、脳のメカニズムが関係している。

 私たちは体を動かすとき、無意識に脳が「これから体を動かすぞ」という指令を出して準備をしている。

無意識の「準備」のアテが外れてぎっくり腰に

 体が動く前に、関連する筋肉がその直前に反応して準備をしている。これを専門用語で「フィードフォワード制御」と呼ぶ。

 たとえば、階段を降りていて、最後の一段があると思っていて実はなかったとき……。虚をつかれて「ガクッ」となって踏み外しそうになったことはないだろうか?

 脳では「階段がもう一段ある」という無意識の「準備」をしていたところ、アテが外れてしまい体をうまく反応できず、踏み外しそうになってしまうのだ。

 このことは、ぎっくり腰にも当てはまる。ぎっくり腰は、重いものを抱えすぎて発症するよりも、予期せぬ何気ない動作のなかに潜んでいることが多い。先ほどの「準備」が外れた状態だ。

 我々が重いものを抱えるとき、持つときには、「よし、これから重いものを持つぞ」と、声には出さずとも脳内ではそのようにイメージしている。それに対応して脳が指令を出して、体にも準備をさせるのだ。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」を治せる時代が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫