首が変形する! スマホの使用姿勢が招く新しい現代病「テキストネック」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sn.jpg

ちょっとした待ち時間は必ずスマホGraphs/PIXTA(ピクスタ)

 腰痛、肩こり、糖尿病……。生活様式の変化とともに“現代病”ともいえる疾患が生まれる。「テキストネック」という疾患をご存知だろうか。

 最近、米国を中心に注目されている疾患だ。その名から想像できるように、スマートフォンでの操作(メールなどのSNSで文字を入力すること)のやりすぎによって、頸部の形が変形してしまう、というものだ。いわゆる「スマホ首」だ。

 私たちの周りでは、スマホをいじる姿を見かけない日がないほどだ。立ちながら、あるいは座りながら……。どの姿勢でも、画面をのぞきながらうつむく角度で首をかしげている。このポーズは、頚部にとても大きな負担をかけているのである。

 本来の頚部の形は、少し反り返った形をしている。この形が、頭部を支えるのに最適なのだ。約10kgもある頭部の重さをうまく分散させる役割を担っている。

 だが、このテキストネックは、この”自然なカーブ"がなくなっており、それによって「椎間孔」という神経を通る隙間が狭くなってしまったり、椎間板と呼ばれる骨と骨の間にあるクッションの役割をしている組織が薄くなったりしている。

1年で約1400時間、頚部に異常なストレス

 これらの原因は、スマホを扱う姿勢にある。米国での調査によると、スマホの台頭からその使用時間は「1日4~7時間にものぼる」という報告がなされたという。

 もし仮に1日4時間スマホを使用しているとすれば、1年で約1400時間、頚部に異常なストレスをかけていることになる。これでは、何も異常が起きないというほうがおかしい。ある研究では、首を60°傾けると頚部への負担は6倍にもなることが報告されている。これでは当然、頭を支えることによる頚へのダメージは蓄積し続ける。

使いすぎを防ぐアラーム機能アプリの活用も

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘