連載「グローバリズムと日本の医療」第10回 

女性医師の割合は日本が約20%、米国が約33%! 「一億総活躍社会」で女医が増える?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
69229188-2.jpg

日本の女性医師の割合は約20%(shutterstock.com)

 1999年に男女共同参画社会基本法が制定され、女性の社会進出は促進されました。さらに安倍政権は、「一億総活躍社会」を打ち出しています。

 では、医師の世界における女性の進出はどうなっているのでしょうか? 日本とアメリカの現状を比較してみましょう。 

女医の割合は日本が約20%、米国が約33%!

 日本の医師総数は、2012年末の時点で30万3268人。女性医師は5万9641人、全体の19.7%に過ぎません。1965年が全体の9.3%だったことを考えると、その割合は2倍以上になっています。しかし、依然として日本の医師の世界は「男性中心」だといえるでしょう。

 他方、アメリカの医師総数は、2015年10月の時点で91万4720人。女性医師は30万434人、全体の32.8%を占めます。1970年の時点では全体の7.6%だったので、45年間で4.3倍以上に伸びたことになります。

女性の医学生は日本が30%前後、アメリカが46.8%

 医師を育成する医学部の新設が相次いでいます。2016年度には東北薬科大学に、2017年度には国際医療福祉大学に、それぞれ医学部新設が認可されました。1979年、琉球大学に医学部が設置されて以降、実に37年ぶりの新設です。医学部の新設によって、今後、女性医師の数も増えるのでしょうか?

 それを占う意味でも、大学医学部における男女比率を見てみましょう。日本では医学部入学者に占める女性の割合は30%を超えて推移しています。医師国家試験合格者に占める女性の割合も30%を超えており、徐々に女性医師が増えています。他方、アメリカは、2014〜2015年の統計を見ると、全米のメディカルスクールに8万5260人の学生が在籍し、女性は3万9888人で全体の約46.8%、ほぼ半数に達しています。

重要なのは、誰もに門戸を開き機会を与えること

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子