連載「グローバリズムと日本の医療」第10回 

女性医師の割合は日本が約20%、米国が約33%! 「一億総活躍社会」で女医が増える?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
69229188-2.jpg

日本の女性医師の割合は約20%(shutterstock.com)

 1999年に男女共同参画社会基本法が制定され、女性の社会進出は促進されました。さらに安倍政権は、「一億総活躍社会」を打ち出しています。

 では、医師の世界における女性の進出はどうなっているのでしょうか? 日本とアメリカの現状を比較してみましょう。 

女医の割合は日本が約20%、米国が約33%!

 日本の医師総数は、2012年末の時点で30万3268人。女性医師は5万9641人、全体の19.7%に過ぎません。1965年が全体の9.3%だったことを考えると、その割合は2倍以上になっています。しかし、依然として日本の医師の世界は「男性中心」だといえるでしょう。

 他方、アメリカの医師総数は、2015年10月の時点で91万4720人。女性医師は30万434人、全体の32.8%を占めます。1970年の時点では全体の7.6%だったので、45年間で4.3倍以上に伸びたことになります。

女性の医学生は日本が30%前後、アメリカが46.8%

 医師を育成する医学部の新設が相次いでいます。2016年度には東北薬科大学に、2017年度には国際医療福祉大学に、それぞれ医学部新設が認可されました。1979年、琉球大学に医学部が設置されて以降、実に37年ぶりの新設です。医学部の新設によって、今後、女性医師の数も増えるのでしょうか?

 それを占う意味でも、大学医学部における男女比率を見てみましょう。日本では医学部入学者に占める女性の割合は30%を超えて推移しています。医師国家試験合格者に占める女性の割合も30%を超えており、徐々に女性医師が増えています。他方、アメリカは、2014〜2015年の統計を見ると、全米のメディカルスクールに8万5260人の学生が在籍し、女性は3万9888人で全体の約46.8%、ほぼ半数に達しています。

重要なのは、誰もに門戸を開き機会を与えること

杉田米行(すぎた・よねゆき)

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコンシン大学マディソン校大学院歴史学研究科修了(Ph.D.)。専門分野は国際関係と日米医療保険制度。

杉田米行の記事一覧

杉田米行
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔