「休肝日」は何日が有効なのか? “休肝”の間隔の違いが健康に影響

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sake2.jpg

休肝日は結局何日にすればいい? taa/PIXTA(ピクスタ)

 「酒は百薬の長」ということわざがある一方、古今東西、酒にまつわる失敗は少なくない。「人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む」という戒めのことばもある。アルコールの摂取をほどほどにするのは、自身の健康管理のうえからも心がけるべきものだ。

 金沢医科大学病院肝胆膵内科の堤幹宏教授によれば、飲酒と死亡率との相関関係を調べる疫学調査の結果グラフは「J」カーブを示し、飲酒量が増すごとに、死亡率が急速に高まるのだという。

 たとえば、一日の日本酒の摂取量がゼロの場合と、1合の場合では、後者のほうが死亡率指数は0.6ほど低い。だが、2.5合付近を境に死亡率は急上昇し、3合になると死亡率指数が0.6高まる。そして3合を超えて摂取すると、どんどん死亡率が上がっていく。

 これは、まさに「酒は百薬の長」を証明付けるかのようだ。週に日本酒1~2合程度であれば適量、それを越えてくると急に負担になる。仮に毎日5合飲酒したとすると、2週間でアルコール性脂肪肝になるのだという。

休肝日の理想は“週2”

 飲酒量によって死亡率が変化することは、すでに2007年に厚生労働省研究班「多目的コホート研究(JPHC研究)」が行った調査によって明らかになっていた。そして、日本人男性1日当たり、平均1合を超える日本酒、アルコールの摂取を続けると、死亡やがん、脳卒中、自殺のリスクが高くなることが報告されている。

 飲酒しない日「休肝日」を設けている人と、まったく設けていない人との間で、死亡率の比較調査が行われた。飲酒が「週1~2日」「週3~4日」「週5日~7日(休肝日なし)」のグループに分けた。すると、休肝日なしのグループは、飲酒量にかかわらず総死亡リスクが最も高いことが確認された。

 一週間当たり300~449g飲酒する人たちのうち、休肝日あり(週1~2日)よりも、休肝日なしのグループの総死亡率が1.5倍まで上昇。一週間当たり450g以上飲酒する人に至っては、1.8倍にもなったという。

 この研究結果やその他のデータから、一日平均2合以上の多量飲酒は、死亡リスクが高くなることが判明。これを踏まえて、休肝日を設けて総飲酒量を減らすことが呼びかけられるようになった。保険指導などでは、「週2日以上の休肝日を」というアドバイスをよく聞いたことだろう。

最新の研究では「週3~5日」が効果的とも

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太