シリーズ「LGBTとは何か?――セクシュアリティを考える」第2回

LGBTのレインボー消費規模は5.9兆円!行政も企業も個人も理解者や支援者として行動する時代へ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5919622-2.jpg

セクシュアル・マイノリティはすでにマニノリティではない!?(shutterstock.com)

 レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなど(LGBT)のセクシュアル・マイノリティは、結婚できない。住宅ローンが組めない。配偶者控除や福利厚生が受けられない。セクハラ発言による苦悩、カミングアウトによる不採用など、生活でも仕事でも、公私にわたって権利の侵害や不利益に曝されているLGBTの厳しい現実を知ろう!

LGBTの理解者や支援者として行動しよう!

 セクシャル・ダイバーシティ(性の多様性)の広がりや、LGBTの権利支援の変化に伴って、国や自治体も企業も個人も、LGBTのアライ(Ally:LGBTの理解者や支援者)として行動できる状況が整って来た。

 国や自治体は、LGBTの差別禁止や同姓婚に関する法律や条例を整備する、相談窓口などのサポート体制を充実させる、悪質な企業への行政指導や罰則を強化していくなど、グローバルかつユニバーサルな観点から政策の転換を図っていく。

 企業は、福利厚生や人事制度を改善し、LGBTが働きやすい職場環境を整える、イベント協賛などの対外的な支援活動を広げる、LGBTの消費者に特化した商品やサービスを開発するなど、多面的な経営戦略やマーケティング活動に取り組む。

 個人は、LGBTの権利保護や支援のほか、消費者としてLGBTの意識やライフスタイルに対応している企業の商品やサービスを選ぶようになる。

 このようなLGBTが社会に及ぼす精神的なインパクトや経済的なインセンティブ(刺激)はとても大きい。

 電通ダイバーシティ・ラボの調査によれば、LGBTに関連する消費(レインボー消費)規模は、およそ5.9兆円。レインボー消費がトリガー(引き金)になり、企業の商品やサービスの利用によるLGBT支援消費や、賃貸マンション契約や結婚・旅行・生命保険などによる新たな人間関係消費が急増すれば、その経済効果は数倍に膨らむ可能性もある。

 このような同姓婚の合法化やLGBTの理解・支援活動が急速に加速し、消費経済への貢献度が期待される一方で、世界に目を向けると、性的マイノリティであるLGBTへの偏見や差別が厳存している現実がある。

 2015年現在、同姓婚を合法化しているのは、米国、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、アルゼンチン、スペイン、南アフリカのほか、ブラジル、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、ポルトガルなど欧米諸国を中心に20ヶ国に上る。同姓パートナーシップ制度を認めている国々も25ヶ国ある。

 しかし、サウジアラビア、インド、シンガポール、マレーシア、イラン、ロシアなどは、宗教的な倫理や教義などを盾に、死刑による弾圧や社会的な迫害・制裁を公然と行い、LGBTへの差別意識は根深い。

 日本をはじめ、韓国、イタリア、インドネシア、タイ、ベトナムなどのように、同姓婚を法制化していない国々も少なくない。

公私にわたって不利益を被っているLGBTの現実を知ろう!

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆