真っ白な歯を見せてキラリと微笑む羽生結弦の“ゆづスマイル”に釘付け、必見! 新キシリトールCM

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

hanyuu001.jpg

ロッテ「キシリトールホワイト」新CM「ホワイトしてる」篇より

 スケートシーズンの到来を告げたフィギュアスケートのオータムクラッシック。今期、初戦を優勝で飾り、幸先の良いスタートを切った羽生結弦の躍進は、スケートだけに終わらない。10月20日からオンエア予定のロッテの『キシリトールホワイト』のCM第2弾が公開前から話題になっている。

 今や、さまざまな業界で引っ張りだこの羽生結弦。今年は「はたちの献血」のキャンペーンキャラクターも務め、“ゆづ熱唱”がファン心をわしづかみにしたばかり。『キシリトールホワイト』のCMでは、真っ白い歯を見せてキラリと笑うさわやかな“ゆづスマイル”に、共演者がのきなみメロメロだったとの噂。羽生選手といえば2012年に歯列矯正をしたのではとの憶測もあるが、だとしても、“ゆづスマイル”にさらに磨きがかかったのも事実。

 ところで、キシリトール成分が含まれたガムが日本に広まったのは、およそ20年前のこと。最初は、北欧でお口の健康を守るための習慣だとコマーシャルなどで紹介された。当時は甘いガムが歯に良いわけがないのでは?と懐疑的な声もあったが、歯科医たちからも推奨され、今では、キシリトールが歯に良いことはなかば常識になりつつある。

 だが、何がどうして歯に良いといわれているのか?そもそもそれは本当なのか?どのように、どれだけ摂取したらよいのか?など、意外に知らないことも多い。

 キシリトールは自然界に存在する天然の甘味料で、白樺や樫などの広葉樹やイチゴやプラム、カリフラワーなどといった果物や野菜にも含まれている。

安全で広く活用されるキシリトール

 ガムや歯磨き粉などで使われていることは有名だが、点滴にも使われるなど、体内に取り入れても安全な薬品、食品添加物として認められている。そして充分な甘みを持ちながら、カロリーは同量の砂糖よりも約4割も低い。

 さらに体内に吸収するときにインシュリンを必要としないため、糖尿病や血糖値が高めの人でも安心して使用できる。歯にとって嬉しいのは、第1に虫歯の原因のひとつとなる酸を、ほとんど作り出さないということだ。また、人の口腔内に存在し、虫歯菌ともいわれている、ミュータンス菌を抑制する働きもある。

 ちなみにミュータンス菌は、生まれたてのあかちゃんの口腔内には存在せず、母親や父親などといった周囲の人たちの唾液から感染する。生まれたてのわが子や、愛する人の歯を守りたいと思ったら、自らの口腔内のミュータンス菌を減らすようにキシリトール入りのガムや歯磨き粉を使うと良い。

 それではキシリトールは良いことだらけなのか? 当然、注意しなければならない点もある。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆