最新のインフルエンザワクチンは鼻にスプレーするだけ!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
flumist.jpg

点鼻スプレー型のインフルエンザワクチン(写真はフルミストの製造会社MedImmune Inc.のHPより

 秋は来るべき冬に備える時期。冬期の健康を維持するために、インフルエンザ対策も怠ってはいけない。重篤化すると死亡することもあるインフルエンザは、通常の風邪とは違って、ウイルスが感染して生じる病気だ。

 感染すると2〜3日の潜伏期間を経て、たいていの場合、突然の高熱で発症する。全身のだるさと筋肉関節があり、体力がない高齢者では肺炎になったり、子供ではひきつけや脱水症状を起こすこともある。

 また、ウイルス感染なので、爆発的な流行をすることがある。1918年に全世界で流行したスペイン風邪では、数億人が感染し、数千万人が死亡したと言われる。人類滅亡や生物科学兵器を題材にした小説や映画のなかには、毒性の強いインフルエンザが大流行して人類のほとんどが死亡し、生き残った主人公がサバイバルするという表現が繰り返されるが、過去の人類が感染症と闘ってきた歴史を知れば、あながち大げさとは言えない。

鼻に2回スプレーするだけ

 対抗策のひとつは、ワクチンの接種だ。ワクチンは、毒性を弱くしたウィルスをもとに作られる。これを注射などで体内に入れると、免疫反応によって抗体ができる。この抗体が、体外からやってきたインフルエンザウィルスと闘い、たとえ感染しても重症化せずに済む。

 弱毒化したウィルスを体内に入れるため、インフルエンザワクチンの接種にはリスクがある。そのための技術革新が続けられてきた。いま注目されているのが「点鼻スプレー型」のインフルエンザワクチン「フルミスト(4価経鼻インフルエンザ生ワクチン)」だ。

 フルミストの接種方法は、注射ワクチンとは異なり、鼻に2回スプレーするだけ。接種方法が簡便なため、すでに欧米では主流のワクチンだ。また、その効果は、約1年も維持される。したがって、この冬に備えて、今の時期からの早期接種も可能だ。これはワクチン接種のブレークスルーだ。

 ただし、次の項目に当てはまる人は接種の対象外となる。

 ●2歳未満、50歳以上の人
 ●いま喘鳴がある人
 ●ギラン・バレー症候群の経験がある人
 ●糖尿病の人
 ●妊娠中または2歳以下のお子さんに授乳中の女性
 ●タミフルなどインフルエンザの薬を服用中の人
 ●白血病またはその疾患と同居している人

 また、ワクチンは人体の免疫機構を利用しているため、免疫機能ができあがっていない乳児や、免疫機能が低下している高齢者や病者は避ける必要がある。

 このフロミストは、日本ではまだ保険適応外のため自費診療になる。1回のワクチン接種費用は1万円前後。接種方法は簡便だが、通常に比べると高額だ。

ワクチンを接種するのは誰のため?

まさか20〜30代で「更年期障害」の症状が! まずは卵巣機能低下や自律神経失調症を疑え 
インタビュー「若年性更年期障害」第1回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる患者も増えている。その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。