「2014年11月」の記事一覧

畑仕事に励んでいる高齢者はうつ病になりにくい! 愛知県の医師グループが発表

女優の朝丘雪路さん(78歳)が老人性うつ病を発症し休養したというニュースは記憶に新しい。2013年秋ごろから症状が出て、今年4月の舞台公演を務めたが、ときには足元もおぼつかない状態で、いつも億劫な様子だったという。 現在、日本では老人性うつ病が密かに増えている。認知症と…続きを読む

畑仕事に励んでいる高齢者はうつ病になりにくい! 愛知県の医師グループが発表

突然死を引き起こす原因に。恐怖の「エイリアン脂肪」の正体とは?

ここ数年、全国各地で"謎の心臓病"が急増している。突然、心臓の血管が詰まり、心筋梗塞を発症し、死に至るというものだ。何が「謎」なのかといえば、突然死した人たちの中には肥満でもなく、定期診断などの検査では心臓の異常が認められなかった人が少なくなかったからだ。あやうく一命をと…続きを読む

突然死を引き起こす原因に。恐怖の「エイリアン脂肪」の正体とは?

頭痛は大きく分けて1次性頭痛と2次性頭痛のふたつ、まずは頭痛のタイプを見分ける

この記事を読んでいる方でも頭痛を起こしたことのない人はいないのではないでしょうか。実に日本人の4人に1人(約3千万人)が"頭痛持ち"といわれています。頭痛は、もっとも身近にある疾患ですが、くも膜下出血、脳出血、脳炎などの、生命にかかわる疾患も潜んでいる可能性があり、注意が必…続きを読む

頭痛は大きく分けて1次性頭痛と2次性頭痛のふたつ、まずは頭痛のタイプを見分ける
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆