連載「心に響く闘病記ガイド」第2回

【闘病記】父の食道がんが見つかって5カ月間、家族は何ができたのか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『親ががんだとわかったら――家族目線のがん治療体験記』(はにわきみこ/文藝春秋)

 家族ががんになったときに、家族はどのように対処したらいいか? そのノウハウを家族目線で教えてくれる一冊です。72歳の父が食道がんと告げられ、手術・退院までの5カ月間に、家族は何を分担し、どう動いたのか―--。著者のはにわきみこさんは、病院選び、入院グッズの準備、費用などの情報を集め、母親や妹と対処のための役割分担をを決めます。看病のために自分たちの仕事はどうするか、父親の病気を誰に伝えるか、面会の送迎は誰がするか、術後のマネープランはどうするか、さらには最悪のケースも想定して、葬儀やお墓のことも考えます。家族が看護疲れでダウンしないために、参考になることでしょう。


『おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒――江國滋闘病日記』(江國滋/新潮文庫)

 著者は小説家・江國香織さんの父で、俳句ブームの火付け役だけでなく、辛口ながらユーモアあふれる随筆家として知られる江國滋さん。江國さんの没後に刊行され、書名は「敗北宣言」と題された辞世句でもある。正岡子規『病床六尺』の現代版ともいえる作品で、闘病日記とともに闘病俳句223句が収録されています。食道がんの場合、手術の影響でしばらく絶食の日々が続くのだが、江國さんはテレビでグルメ番組ばかり見ていたのが興味深い。また、入院中に映画『お葬式』(監督:伊丹十三)を見てしまい、「病人が見るもんじゃない」とぼやいてもいる。


『がんで逝くひと、送るひと』(池田朝子/三省堂)

 著者の池田朝子さんは、77歳で食道がんになった父親を、ヘルパーなどの助けを借りずに母親が自宅で介護し、家族で看取りました。それが父親にとって、また家族にとって正しいことだったのか―--、「自宅で死にたい」という父親の願いをかなえたこと、介護の負担が限界を超え「もうできない!」と叫んだこともある母親が「後悔しない介護をした」と自己肯定できたことなど、決して悪い間違った判断ではないかと振り返ります。また池田さんは、父親の死と同時に大学院に入学し、医療福祉ジャーナリズムを学んでいます。父親の看護・闘病記録であると同時に、「患者家族学」の現状がよくわかる一冊です。




11042.jpg

星野史雄

星野史雄(ほしのふみお)
東京家政大学非常勤講師。1997年、妻が乳がんで亡くなったことをきっかけに闘病記を集め始め、翌年、闘病記専門古書店「パラメディカ」を開店。自信も2010年に直腸がんが見つかり、手術。大腸がんの闘病記を過去に100冊以上読んでいた知識が、自身の闘病にも役に立っている。共同編著に『がん闘病記読書案内』(三省堂)。自らの闘病体験を記した『闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと』(産経新聞出版)がある。

連載「心に響く闘病記ガイド」バックナンバー

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸