「呼吸器」の記事一覧

品薄の電子タバコ「アイコス」溺愛芸人も困惑~「副流煙」は無害でも問われるマナー!?

ある調査報告を聞いて、ふと脳裡をかすめた疑問がある。「電子タバコについてはどうよ?」という素朴にして、その実あまり触れられていない「あれは有害か? 無害か?」の根本的な疑問だ。 厚生労働省の調査によると、家族や職場の同僚らに愛煙家がいる場合、受動喫煙が原因で死亡する非喫…続きを読む

品薄の電子タバコ「アイコス」溺愛芸人も困惑~「副流煙」は無害でも問われるマナー!?

レスリング吉田沙保里選手が喘息! 急増する「成人喘息」の患者数は10年で2倍に

マスメディアでは「霊長類最強女子」とも称される女子レスリングの吉田沙保里選手。12月21日に開幕した全日本選手権を目前に「喘息」の診断事実が公表された。数週間前から「何かおかしい、病気かもしれない……」との自覚症状があり、今月10日、病院で診断を受け判明。「薬を吸引したら楽…続きを読む

レスリング吉田沙保里選手が喘息! 急増する「成人喘息」の患者数は10年で2倍に

死よりも恐ろしい病気「COPD」がタバコの警告文にも登場

現在、日本では、たばこのパッケージに表示されている健康に関する警告文の1つに「肺気腫」という言葉が使われている。これを「COPD」に変えようという動きが出てきている。 COPDは慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease…続きを読む

死よりも恐ろしい病気「COPD」がタバコの警告文にも登場
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太