「目」の記事一覧

若年層に急増する「スマホ老眼」とは? ブルーライトの画面を見続ける「過矯正」と共通点も

いわゆる「老眼」は、中高年者が近くの物が見づらくなる年齢的な視機能の変化ですが、最近、20代、30代と言った若年者において、「書類の文字が見づらい」「手元にピントが合わない」など、老眼と似た症状を訴える方がいます。このような症状は、長時間のスマートフォンの使用と関連すると考…続きを読む

若年層に急増する「スマホ老眼」とは? ブルーライトの画面を見続ける「過矯正」と共通点も

2050年には人類の半分が近視に!〜強度近視の合併症が失明を招く

2050年までに世界人口の約半数が近視になり、10人に1人が強度近視になるという予測データが、オーストラリアの研究結果から得られた。 この研究はオーストラリアのBrien Holden Vision Instituteおよびニューサウスウェールズ大学のBrien A. …続きを読む

2050年には人類の半分が近視に!〜強度近視の合併症が失明を招く

出生率アップのカギは「恋愛予備校」、「スマホ老眼」急増など~注目のニュース

●「出生率1.8」達成のカギはここに? 費用49万円の「恋愛予備校」 安倍内閣の「新三本の矢」のひとつは「子育て支援」。現在1.4程度の出生率を1.8まで回復させる目標を掲げ、子育てにかかる経済的負担を軽くするための幼児教育の無償化、結婚支援や不妊治療支援に取り組むとし…続きを読む

出生率アップのカギは「恋愛予備校」、「スマホ老眼」急増など~注目のニュース
アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘