人間以外の動物も「老眼」になるのか? 野生の猿(ボノボ)にも40歳前後で遠視の症状が!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
357729650.jpg

人間以外の動物も「老眼」になるか?(shutterstock.com)

 40歳過ぎて、読書をしていると、文字が読みにくく感じる。老眼の始まりである。眼鏡なしで自動車の運転をしているときに、夜になるにつれて視界が暗くなって看板の文字がぼやけて危険を感じた。これも老眼である。

 人は自分が老眼であることを否応なく気づく瞬間がある。その経験が積み重なって眼鏡を買う、コンタクトレンズを調整するようになっていく。

 人間以外の動物でも老眼はあるのだろうか? 

野生のボノボ(ピグミーチンパンジー)も老眼に?

 霊長類の一部には、加齢によって老眼のような症状が出るということが京都大学霊長類研究所のヒュンジン・リュー(Heungjin Ryu)らの研究で明らかになった(Current Biology 2016-11-7)。

 その研究によると、群れのなかで毛繕いをしている野生のボノボ(ピグミーチンパンジー)の動きを観察したところ、高齢になるほど腕を目から離すように伸ばしていた。

 リューによると「野生のボノボは40歳前後で遠視の症状を示すことがわかった」という。これは、現代社会に生きる私たち人間とよく似ていると分析した。

 野生の霊長類に視力検査をしたり、眼鏡をかけさせることは難しい。しかし、群れを観察するだけでその視力の低下が判明できる。

 これはどういうことだろうか?

 熱帯雨林という環境は、生い茂った樹木のなかに食べ物があり、木陰で強い日光を防ぐことができる。人間と同じように、ボノボも老眼になっていると仮定すると、暗いところでは視力が低下しているため、外敵から身を守るのが遅れる可能性がある。食べられる食物を選ぶための判断能力が低下するかもしれない。弱肉強食の自然環境で生き抜くことは困難になっていくだろう。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆