日本人の2200万人がドライアイ! 簡単にチェックできるiPhoneアプリが続々と発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
337446716.jpg

ドライアイがチェックできるアプリが続々と(shutterstock.com)

 あなたは「DryeyeKT」というアプリを知っているだろうか?

 iPhoneにダウンロードするだけで、いつでも自宅や会社でも、実用視力&ドライアイチェックがわずか1分程度でできる無料アプリだ。ドライアイ専門の眼科医が開発しただけあって、なかなかの優れもの。NHK「ためしてガッテン」などでも取り上げられた実績もある。

 パソコンやiPhoneを見つめすぎている人、毎日、目を酷使している人、コンタクトレンズの目がかすんで困っている人、ドライアイが気になる人、最近、視力を測っていない人などに、特におススメだ。

ドライアイチェックができる無料アプリ「DryeyeKT」

 使い方は簡単――。

 背筋を伸ばす→iPhoneを横にした状態で、腕をまっすぐ伸ばす→画面上に「C」のマークが表示される→穴が空いている上下左右のボタンをタップする→ドライアイチェックに移る→簡単な質問に答える→実用視力の結果と質問の結果から、ドライアイの危険度(%)が表示される、という流れになる。測定は1分程度で完了する。

 通常の視力検査は、一瞬の視力を測定し、その値がそのまま視力になる。一方、実用視力は、連続的に変化する視力を測定し、その平均値が視力になるため、普段の見え方に近い。

 つまり、実用視力をチェックできる、また、実用視力と質問の結果に基づいてドライアイの危険度をチェックできる、さらに、眼科医検索機能を使えば近くの眼科を調べられる、それがDryeyeKTの大きな特徴だ。

 ただし、注意点が2点ある。画面をあまり凝視し過ぎないこと。あくまでも簡易的な検査なので、測定値は目安だ。近くの眼科医で正確な測定と診断を受けてほしい。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫