「目」の記事一覧

出生率アップのカギは「恋愛予備校」、「スマホ老眼」急増など~注目のニュース

●「出生率1.8」達成のカギはここに? 費用49万円の「恋愛予備校」 安倍内閣の「新三本の矢」のひとつは「子育て支援」。現在1.4程度の出生率を1.8まで回復させる目標を掲げ、子育てにかかる経済的負担を軽くするための幼児教育の無償化、結婚支援や不妊治療支援に取り組むとし…続きを読む

出生率アップのカギは「恋愛予備校」、「スマホ老眼」急増など~注目のニュース

40代の危ない緑内障、自覚症状がなくて進行すると失明に至ることも!

40歳になるOLのA子さんは5年前、目のかゆみを訴えてかかりつけの眼科に行った。予診で行なった眼圧や視力の検査では異常はなかったが、詳しく診察をしていくうちに、医師は左目の異常に気付いた。 「緑内障の疑いがあるので眼底検査しましょう」 追加で眼底検査、視野検査を行…続きを読む

40代の危ない緑内障、自覚症状がなくて進行すると失明に至ることも!

「加齢黄斑変性が手術で治る」という誤解を広めたTVの健康番組で臨床現場が混乱

医療啓発番組の本来の目的は、疾患の特徴的な症状や治療法を紹介し、早期発見や早期治療に繋げることです。または、再生医療など現在話題になっている専門的な情報を分りやすく伝えることです。 しかし、常に聴視者に本来の目的通りに情報が伝わっているかと言うと、現実的には違う捉えた…続きを読む

「加齢黄斑変性が手術で治る」という誤解を広めたTVの健康番組で臨床現場が混乱
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆