「目」の記事一覧

「13歳までのヘッドマウントディスプレイの使用は危険」など~注目のニュース

●成長期の立体視細胞に大きな負担で障害 11月7日、東京・御茶ノ水で開かれた「VRCカンファレンス2015」で興味深い発表があった。大阪大学の不二門尚教授(医学系研究科)は「小児の輻湊・調節、眼球運動の発達から見る年齢制限」と題した講演で、ウェアラブルコンピュータの一つで…続きを読む

「13歳までのヘッドマウントディスプレイの使用は危険」など~注目のニュース

「つけま」でドライアイ? 長すぎるつけまつげは目を乾燥させる

日本女性が、メイクで最も気をつかうのは「目元」。今では信じ難いが、1970年代には、熱したスプーンのカーブ部分にまつ毛に当ててカールさせるということが、うら若き女子の間では行われていた。 80年代に入ると、おなじみのビューラーが登場。手軽に、まつ毛をカールできるように…続きを読む

「つけま」でドライアイ? 長すぎるつけまつげは目を乾燥させる

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?

「地下アイドル」仮面女子神谷えりなさんの斜視が話題となり、5月28日のブログでは「簡潔に言うと、、、無事手術がおわりました!!」と手術報告を行いファンを安心させたようです。 斜視は、乳幼児に見られる目の位置異常と思われていますが、後天的に、つまりある程度の年齢になってか…続きを読む

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子