「目」の記事一覧

子供たちの近視の進行は予防できるか? 近くの物を見続けないことが何よりも重要

育ち盛りの小中学生は、目の使い方により、急激に近視が進行することがあります。通常、小中学校の教室では、最前列の席で0.3、最後列の席で0.7の視力がないと、黒板が見づらいといわれています。また、裸眼視力(メガネをかけない視力)が0.1以下だと、メガネがないと日常生活にも支障…続きを読む

子供たちの近視の進行は予防できるか? 近くの物を見続けないことが何よりも重要

「加齢黄斑変性が手術で治る」という誤解を広めたTVの健康番組で臨床現場が混乱

医療啓発番組の本来の目的は、疾患の特徴的な症状や治療法を紹介し、早期発見や早期治療に繋げることです。または、再生医療など現在話題になっている専門的な情報を分りやすく伝えることです。 しかし、常に聴視者に本来の目的通りに情報が伝わっているかと言うと、現実的には違う捉えた…続きを読む

「加齢黄斑変性が手術で治る」という誤解を広めたTVの健康番組で臨床現場が混乱

効果抜群のドライアイ治療薬は、胃薬の成分から作られた

大気が乾燥する冬、ドライアイの深刻化に不安をつのらせていないだろうか。そこで画期的だと注目を集め、臨床での評判が高くなっているのが日本発、世界初の二つの目薬を紹介する。 ドライアイの治療法として一般的なのは、乾燥を防ぐための目薬。代表的な目薬といえば、人工涙液やヒアルロ…続きを読む

効果抜群のドライアイ治療薬は、胃薬の成分から作られた
アトピーの元凶は「スキンケアの常識」!「肌に優しい洗顔料」など存在しない
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第2回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。第1回「アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも」

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆