「目」の記事一覧

「13歳までのヘッドマウントディスプレイの使用は危険」など~注目のニュース

●成長期の立体視細胞に大きな負担で障害 11月7日、東京・御茶ノ水で開かれた「VRCカンファレンス2015」で興味深い発表があった。大阪大学の不二門尚教授(医学系研究科)は「小児の輻湊・調節、眼球運動の発達から見る年齢制限」と題した講演で、ウェアラブルコンピュータの一つで…続きを読む

「13歳までのヘッドマウントディスプレイの使用は危険」など~注目のニュース

「つけま」でドライアイ? 長すぎるつけまつげは目を乾燥させる

日本女性が、メイクで最も気をつかうのは「目元」。今では信じ難いが、1970年代には、熱したスプーンのカーブ部分にまつ毛に当ててカールさせるということが、うら若き女子の間では行われていた。 80年代に入ると、おなじみのビューラーが登場。手軽に、まつ毛をカールできるように…続きを読む

「つけま」でドライアイ? 長すぎるつけまつげは目を乾燥させる

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?

「地下アイドル」仮面女子神谷えりなさんの斜視が話題となり、5月28日のブログでは「簡潔に言うと、、、無事手術がおわりました!!」と手術報告を行いファンを安心させたようです。 斜視は、乳幼児に見られる目の位置異常と思われていますが、後天的に、つまりある程度の年齢になってか…続きを読む

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇