「目」の記事一覧

「スマホ近視」が急増中! 視力回復の「スマホアプリ」は"毒を持って毒を制す"?

便利なアプリが日々発表され、一日にスマホを見つめる時間はどんどん伸びている。取引先からも上司からも友達からも家族からも、メールやLINEが飛んでくるのはすべてスマホだし、空き時間のネットサーフィンやゲームもすべてスマホ。スマホ画面を毎日見続けた結果、「スマホ近視」と呼ばれ…続きを読む

「スマホ近視」が急増中! 視力回復の「スマホアプリ」は

パソコン症候群で起きた目のトラブル 薬を飲まずに食事で復活させる方法とは

パソコン、スマホにタブレット、ゲーム機器...。現代人の目をとりまく環境はかなり過酷です。目を酷使することによってドライアイになりやすく、肩こりや腕の痛み、手の痺れなどに悩まされている人が後を絶ちません。モニターを凝視するためまばたきの回数が激減、しかも視線はモニターやキー…続きを読む

パソコン症候群で起きた目のトラブル 薬を飲まずに食事で復活させる方法とは
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔