「目」の記事一覧

「13歳までのヘッドマウントディスプレイの使用は危険」など~注目のニュース

●成長期の立体視細胞に大きな負担で障害 11月7日、東京・御茶ノ水で開かれた「VRCカンファレンス2015」で興味深い発表があった。大阪大学の不二門尚教授(医学系研究科)は「小児の輻湊・調節、眼球運動の発達から見る年齢制限」と題した講演で、ウェアラブルコンピュータの一つで…続きを読む

「13歳までのヘッドマウントディスプレイの使用は危険」など~注目のニュース

「つけま」でドライアイ? 長すぎるつけまつげは目を乾燥させる

日本女性が、メイクで最も気をつかうのは「目元」。今では信じ難いが、1970年代には、熱したスプーンのカーブ部分にまつ毛に当ててカールさせるということが、うら若き女子の間では行われていた。 80年代に入ると、おなじみのビューラーが登場。手軽に、まつ毛をカールできるように…続きを読む

「つけま」でドライアイ? 長すぎるつけまつげは目を乾燥させる

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?

「地下アイドル」仮面女子神谷えりなさんの斜視が話題となり、5月28日のブログでは「簡潔に言うと、、、無事手術がおわりました!!」と手術報告を行いファンを安心させたようです。 斜視は、乳幼児に見られる目の位置異常と思われていますが、後天的に、つまりある程度の年齢になってか…続きを読む

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆